どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

オートバイ

VZ-RAM実験ツーリング⑤

vz38

さて、大きなケヤキのある廣瀬神社…だが、この奥の境内にももう一本大きなケヤキがあるのです。

奥のケヤキを撮影しようとしても、道路側からでは手前のケヤキが邪魔をして、撮影することができません。

仕方なく、境内で撮影しようとすると…大きすぎてカメラの視野の中に入り切れません。

こんな具合…です!

vz40

仕方なく、説明看板があったので、その内容をここに載せておきます。

vz39

さて、ここまで来れば後は帰り道…!

R380→R379→R56と走っていけば我が家に到着というわけです。

ただ、このルートはガン野大先生の家の近所を通ります…そこでご挨拶だけして帰ろう…とお電話をかけることにしたのです。

インカムの取説には、電話を受ける時のことは書いてありますが、電話をかける時のことは書いてありません。
vz41
当然、電話をかけるときは、ヘルメットを脱いでスマホを耳に当て話をしなければならない…と考えたどいせんは、ヘルメットをダブハチのシートの上に置き…道路を通る車の音が電話の邪魔にならないように…少し離れた場所から電話をかけたのでした。

しかし…、電話はつながっているはずなのに、全く相手の声が聞こえません。

え?これはどうしたことだ…こちらも大声てしゃべるのですが、スマホは切れることもなく、それといって音が出るわけでもなく…スピーカーボタンを押してもウンともスンとも言いません。

しばらく、そんなことを繰り返していたのですが、あきらめかけたとき…かすかにどこかからか声が聞こえます。

もしもし…もしもし…あわてて探すと…なんとヘルメットの中から声がしているではありませんか!

vz42どいせんはこの時、初めて知ることになるのです。

スマホで電話をかける時も、ヘルメットを着けたままでやり取りができるのだ…と!

ガン野大先生との連絡で、もうすぐ勤務が終わるから職場の駐車場で会いましょう…ということになり、久し振りに状況報告やらバイク談議やら…楽しい時間を過ごさせていただきました。

名残はつきないのですが、1時間ほどお話してお暇をいたします。

vz43

…ということで、この日の実験走行…走行距離210.2kmでありました。

後はバイザーがスモークシールドになるのですが、これはまた天気のいい日のまぶしい夕日の時にでも確認しておかねばなりませんね!

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました!

インカムの使い方なども、もう少し調べてみたいところであります!

このシリーズ…一先ず終了です。 m(__)m

魅力的な工作室…!

j01

ミライースの走行距離が、30,400kmとなっているのに気づき、ちょうど時間がとれたので、モータースにオイルとエレメントの交換に行ったのでした。

ここは自動車屋さんなのですが、オートバイが常時10台ほどが置いてあり…いつも何か何かオートバイが修理されていたり、改良されていたりしており…どいせんとしてはこの工場を訪れるのが、楽しみのひとつになっているのです。

この自動車工場の工作室は、バイクいじりの宝庫のような場所なのだが、大将が自動車の相手している間(この日は、タイヤ交換もお願いしているのです)、どいせんとしてはゆっくりと工作室の見学を楽しませてもらったのでした。

j02

こんなエンジンが床にころがっているけど、どうするのかな…?!

机の上には、こんなのもありますよ!

j03

床に転がっているエンジンは、SRのものらしいのだが、はて…何に使う気なのだろう…?!

工作室の奥には動くSR…実際に動いているのを見たことはないのだが…が置いてあるが、まさかエンジンを積み替えるわけではあるまいに…!

j04

気になっているのは、机の上に置いてあるもう一つのエンジン…!

このKDXに載せていたものらしい…!

j05

KDX200を220にしたうえで、大将たちはこのKDXでエンデューロに参戦してきたのだが、今このKDXをトライアルが出来るくらいの改造をしようと取り組んでいるようなのだ。

車高を変え、キャスタ角を変え、競技で扱いやすいバイクにしていくのだそうだ!

もともと、ヤマハのトライアルのファクトリーライダーをやっていた人物…どんなバイクに仕上げるのか…楽しみではありますよね!

j06

こんな工作室が、我が家にもあればいいなぁ…なんて面白がるどいせんですが、まずはメンテのお勉強でしょう…なんて声が聞こえてまいりますね!

ふふふ…、こんなの見てると…ちょい乗りでいいので、バイクに乗って秋の林道を走りに行きたくなりますねぇ~!

クラッチレバーの修正!

c01

先日のトライアル練習で大きく曲がってしまったRTL250Rのクラッチレバー…!

新しいクラッチレバーを購入するにしても、もし修正できるのなら…直して予備として保管しておきたい…との記事を載せたところ、皆さん方から暖かいアドバイスをいただきました。



本日…一日フリータイムとなり時間がとれたので、皆さんのアドバイスを参考にさせていただき、クラッチレバーの修正を実施することにいたしました。

① バイスの購入

実は、どいせんは自分ではほとんど修理はしません(出来ません)!オイル交換やタイヤ交換なども含めて、大抵はバイク屋さん、アンパンマン、S田院長、ガン野大先生(今はお忙しく、とてもどいせんなどに付き合っているお時間はないようですが…)等にお願いするのが当たり前となっています。

そのどいせんが、今回…レバーの修正を自分でやろうと言い出したのですが、皆さんのアドバイスを読ませていただき、あれこれとイメージしていたのですが、ここで一つ欲しい道具が生まれたのです。

それが万力…万年さんはバイス…と呼んでおられましたが、万力なんて…中学校の技術科の授業以来使ったことがありませんでしたが、自分で修理をするとなると…やっぱりここは万力が必要だろう…そう思い始めると、もう止まりません…まずはホームセンターで万力を探します。

c02

どいせんは、万力といえば技術科室の作業机に取り付けられていたあの大きな鉄の塊…とイメージを膨らませていたのですが、ホームセンターにはいろんな万力が置いてありまして、まさにより取り見取り…バイク倉庫の作業机で使えるコンパクトなものもあり…手ごろな万力…箱には『ユニバーサルテーブルバイス』とありましたが…想像していた万力の半分ほどの値段で買えて、経済的…コンパクトタイプのバイスに決定いたしました。

こんなのです!

c03

持ち帰って、作業机に取り付けると…うん、なかなかいいじゃありませんか!

c06

② ついでの修理

さて、バイスを作業台に取り付けて、いざクラッチレバーを外そうとすると、フロントディスクカバーが割れているのに気づきます。

これも先日の練習時にやったもので、レバーの修正よりも簡単…それはそうでしょう…接着剤で貼り付けるだけですから…!

このあたりのコマゴマしたものは、どいせんも持っているのですよ!

c09

この手の補修で使う接着剤で、一番簡単で手ごろなのがグルーガンだと思います。

強度は…と聞かれると『?』…ではありますが、衝撃を受けて新たに割れるよりは、外れた方がリスクは少ない…とも言えるのではないかな…?!

c10

ね、きれいに仕上がりました(?)よね!

③ クラッチレバーの修正

さて、いよいよ本番のクラッチレバーの修正となります。

どんなものでしょうね…「×」のラインから「〇」のラインに戻せばOK…ということでしょうかね!

c11

さて、作業台ですが…後から思うに、もう少し片付けておけばよかった…と反省しきりですが、まぁ…凡人の悲しさ…後の祭りと云うやつでございます!

c12

バーナーも、まだどいせんが理科教師をやっていた頃、食塩を加熱して液体にする(融解する)実験を行う時に購入していたものが、その後、手付かずで丸々残っていまして、スペアボンベまでございました。

長時間の過熱が必要でも、まず心配はありません。

どいせんは、パンク修理などしたこともないのに、XRのリアバッグにはタイヤレバー(勿論、未使用)が入っているのですが、二十年以上一度も使ったことのないレバーがここで初めて役に立つ…と云うわけです。

c13

曲がったレバーにメガネレンチ(タイヤレバー)を通し、バイスにセットして準備完了です。

また、皆さんのアドバイス…そして、万年さんのブログの『レバーの曲がり修正』のページをプリントアウトさせていただき、作業中の参考書とさせてもらいました。



c14
一応、バーナーはこんな風に炎を出すのですが、この炎をレバーの曲がってしまった部分に当て、加熱した上で、メガネレンチを使って…テコの原理を利用して…ゆっくりと力をかけて曲がりを戻してあげる…と云うわけです。

残念ながら、一人切りの作業のため…右手にバーナー、左手にメガネレンチ…デジカメを扱うことが出来ず、作業中の画像はありません。

というところで、作業終了時のレバーの画像です!

c15

あの大きな曲がりが、元通り(とは言い難いですが…)かなりいいところまで戻すことができていますよね。

実際にRTLに取り付けると、こんなカンジになりますね。

c16

修正前、修正後を並べて比較しますと、その変化が一目瞭然でございます!

c17

このレバーの修正に関して、全く知識のないどいせんに対して、アドバイスをいただいた皆様方、本当にありがとうございました。

ひとまずは、無事に(レバーを折ることなく)修正を完了できたことを、感謝を込めてご報告いたします。

本当に、ありがとうございました! 

陣中見舞い…!

s01

奥さんが絵画サークルのお仲間と写生会に行く…ということで、どいせんとしてはお弁当を持って…もちろん自分用のお弁当ですが…陣中見舞いに行くことにいたしました。

集合場所は、町内のT地区公民館の駐車場ということで、ここから各自自由に場所を移動して裏山の果樹園を描いてもいいし、果樹園から海を描いてもいい…ということのようでした。

どいせんとしては、まずはT地区公民館駐車場に向かいますが…当然予想していた通り、駐車場には誰もいません。

そんな時、奥さんからLINEが入ります。

s02
え?それって…引き返しなさい…と言うことかな?!

あわてて電話すると、工事中のユンボが止めてある場所の上の果樹園の中にいて、絵を描いています…とのこと!
s03

少し戻ると、昨年豪雨のために果樹園の一部が土砂崩れで崩れた部分を修理が続いていて、ユンボが置いたある(上の写真の左…写っていません)。

半分残っている果樹の下側に我が家の箱バンが止まっています。

その箱バンの上の部分が少し木の隙間があり…何となく人影が確認できます。

s04

こんな所で描いていたのか…呆れながらも奥さんのいる場所まで上がっていくどいせんでした!

果樹園で絵を描くのなら、わざわざこんな場所まで来なくても、我が家の果樹園からだって海は見えるじゃありませんか…意味分からん!…とのどいせんのコメントに、うちの果樹園だとお仕事しなきゃぁ…っていう意識が強くて絵なんか落ち着いて描けませんわ…と答える奥さんでした。

上から見ると…こんな風景!

s05

s06

さて、お昼を食べ終わると、奥さんは再びお絵描きに集中…どいせんは、お暇してもう少しダブハチでお散歩ツーリングです!

s07

の~んびりと海から山へと流し、早めに帰宅。

前回、滝へ行った後、ダブハチはそのまま倉庫に置いていたままだったので、帰宅後軽く洗車…水を吹き飛ばすために、軽くご近所を流し…最後は水分をふき取り、本日の日程終了…!

夜は早めにお風呂に入り、日本VS南アのラグビーW杯の応援…敗れはしましたが、ここまで日本全国を熱狂させ魅了させてくれた活躍に、感動でございました!

トライアル練習日…!

t01

本日は、実に久しぶり…6月の愛媛大会以来ですから…丸4か月振りのトライアル練習でございます!

前日、ラインではこんなやり取りが行われていました。

ライン

ということで、午前中の野暮用を早々に片付け…待ちきれずお昼にはパークに着いていたどいせんでございました!

t02

早々にお昼のお弁当をいただき…もちろんこれは昼食でして…このほかにも非常時用の食料と飲み物はちゃんと用意はしてございます!

さて、みなさんが来るまで…ウォーミングアップを兼ねて軽く練習を行います。

ただし、カメラを固定して走る様子を動画に納めたものが2本ほどあります…!

みなさんを待ちながら、こんな練習をしていたのでした。



さて、そうこうしているうちに、HIROさんの登場です。

t09

t05

t10

その後、お仕事を終えたアンパンマンも登場です!

t11


t07

t12

t13

HIROさん、アンパンマンがそろうと一人だけの練習の何倍も面白く、内容も濃くなってくるのです。

一人の時には行くのをあきらめていたセクションも、行けなくてもああでもないこうでもない…とアドバイスを受けながらのトライを繰り返していくうちに、何と…行けるようになるのですから、これはもうやめられませんよねぇ~!

練習も楽しい、休憩時間も楽しい…いやぁ~、相当に充実した時間を過ごさせてもらいました!

t14

t15

t16

t18

これからいよいよ収穫の時期に入り…いそがしくなる季節に突入しますが、何とか時間を見つけながら一緒に遊びたいものだ…などと思っているところに、アンパンマン…本気なのか冗談なのか…次にみんなが会うのは、今年の暮れの練習会になるのかなぁ~との一言!

大丈夫…!忙中閑あり…と言うじゃありませんか!

どこかで時間を見つけて…三時間四時間でいいじゃないですか…また召集かけて、練習に集まりましょうよ!

t19

久しぶりに、トライアル満喫の練習会でございました!
ギャラリー
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ