どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

果樹園

雨降って地固まる…!

r01

雨の後は、四駆のタイヤさえも埋もれてしまう…そんな作業道を何とかしたくて瓦を砕いて作業道に敷き、その上から土を重ねたのです。

雨が降れば、瓦の上の土が雨に流され瓦の隙間に入り込み、地面が締まるのではないか…と考えたわけなのですが、昨夜から今朝まで雨が降ったので、作業道の様子を確認したのでした。

まずは、作業道の上の部分の園地の草刈り作業を終えたのち、いよいよ作業道の確認です…!

一応…まずはどいせんが作業道の上を歩いてみる…雨の前に比べると随分地面は締まってきた気がするのですが…人の体重くらいでは分からないので、やはりここは、箱バンで入り込んで行くべきではないか…思い始めたらもう止まりません…タイヤが埋もれてしまったら、歩いて山を下りてトラックを持ち込み引っ張りだせばいい…そう思うと、早速箱バンで入り込み開始…です!

r02

大丈夫…入り込めるではありませんか!

r03

何度か行ったり来たりを繰り返すと、路面はこんな感じに…!

r04

さらに繰り返すと…!

r05

まぁ、谷側に近づかなければ…まず硬さは大丈夫…かな?!

幸いにも、明日の夜も再び雨…との天気予報…!

この雨で…さらに作業道が固まってくれるとうれしいですね!

r06

明日は、作業道の下の部分の草刈りをおこないますが、先日植えた苗木を覆い隠すように雑草たちが伸びています。

何だか苗木に行くべき栄養分を、雑草に取られてしまうのではないか…なんて心配をしてしまいます。

雑草を刈り取りそのまま『緑肥』に変える…そう思うと気合も入ります。

明日は、雨の降る前に…草刈り作業…全開で進めておきたいものですね!

筍の収穫です!

t01

去年、一昨年と裏山の竹藪の整備に力を入れてきたのですが…この春は果樹園の世話に夢中になっていて、全く竹藪には来ていませんでした。

本日は、奥さんが筍を掘る…というので、どいせんは運び屋さん…ということでお手伝い!

奥さんが掘り起こした筍を、モノレールの場所まで運ぶのがお仕事…!

t02

こんなのが竹藪のあちらこちらに顔を出しているのです。

2時間ほどで、キャリーに6杯分の筍が収穫です!

t04

このまま、モノレールで我が家の車庫の横まで運び、そのまま軽トラに乗せて、集荷場に…!

重量…80kg…とのことでした!

一応…筍の収穫のお手伝いはこれで終了…なのですが、どいせんとしては気になっているのが、先日雨の後、軽トラのリアタイヤが埋まってしまった作業道…!

ユンボで平らにしただけでは、雨の後などはタイヤが入り込み動けなくなる心配がある…四駆でも相当苦労…なのですよ!

そこで考えたのが、瓦を細かく砕いて作業道に敷く…という方法!




瓦を敷いただけでは、どいせんが歩くとどいせんの体重で路面が沈む…これでは軽トラが通ると、いくら瓦といえどもまた沈み込むのではないか…!

そこで敷いた瓦の上に、土を乗せてその上から踏み固める…幸いに明日から雨が続く…との天気予報…雨が降れば瓦の上に置いた土は流れて瓦の隙間に入り込む…そうすれば、乾けば瓦と土が固まって相当に強い路面になるのではないか…そう考えたのです。

これは、作業道の轍対策で実際に他の園地で行って、効果が上がった経験があるのです。

t06

作業車で土を運び、瓦の上に乗せていきます。

もちろん、土を乗せた作業車で、瓦と土の上を移動して圧をかけていきます。

t07

t08

何度も往復して、しっかりと路面を固めます。

とはいえ、今はそんなに固まる必要はありません…雨の後の乾いた状態が勝負ですね!

t09

うまくいってくれるといいのですけどねぇ!

t10

春の息吹に包まれて…!

k01

ここしばらく蜜柑の苗木の改植に面白がって入り込んでいたら、気が付いたら他の園地では雑草が元気よく生い茂り、園地一面地面が見えない状況になってしまった。

草という字を、草冠に早いと書く理由を実感したものだ!

とにかく…成長が速い…特に春の息吹が聞こえ始めると…成長が加速していく。

これからしばらくは、苗木の世話をおこないながら…草刈り作業の毎日となりそうだ!

左半分が草刈り終了後の園地、右半分が作業がまだやれていない部分…であるが、刈り取ってもすぐに生えてくる勢いとの競争となるのだろうけど、緑肥が作られている…と思えば、ちょっと嬉しい気もするが、ま…お手やわらに…というところだ。

春になると果樹の幹から出る葉の付け根には、新しい芽が顔を出す。

どういう理屈か分からないが…その出た芽が、あるものは葉に、あるものは花に育つ。

これが花になる芽…!

k03

そして、これが葉になる芽…!

k02

花になる芽…すなわち実をつけるのだが…実が多すぎると栄養が行き渡らず小さな実となってしまう。

葉になる芽が多いと、光合成が活発になり栄養をたっぷりと作り出し、木も元気になり実の大きくなる。

芽が生まれたばかりの段階で、職人たちは葉になる芽か花になる芽かを判断して、翌年の木の様子を判断する。

さらに達人になると、三年先の木の様子を…現在の芽の付き具合から判断して自分の思うように木の形を作っていく…!

もちろん、どいせんなどにそんなことが分かるはずもなく…理屈を聞いても基礎知識が不足しているので理解が出来ない…どんな木に育っていくかなんて…木に聞いてくれ…って、居直るしか術がない。

それでも春の息吹は…確実に木々に新芽を生まれさせる。

先日、どいせんが改植した50本ほどの苗木たち…!

k04

今日、見てみると…どいせんの技量など関係なく…しっかりと新芽を出し始めていたのだ。

ちょっとだけ、自然の…というか春の息吹の不思議さに…感動したものだ。

K07


k06

ホントに、春というやつは不思議な作用で…温度でスイッチが入るのか、日照時間でスイッチが入るのか…植物の中の発芽システムが作動し始めるわけなのだ!

改めて、生き物たちが持つメカニズム…勉強して見たくなってくるのも自然な流れなのかな…と!

さて、現在進行形のお仕事はもう一つ…!

先日、作業道で引っくり返りかけた我が家のハコバン !

u11

その時、助けてくれたワールドファーマーズのTDS社長が、ユンボを使って整備してくれた作業道…!

u14

ところが、ここに思わぬ落とし穴があったのです。

雨の後のぬかるむ作業道に軽トラで入り込むと…入り口の上り坂(これが見た目以上に急坂なのですよ)でタイヤが滑って上がれず、リアタイヤは柔らかい路面に穴を掘ってしまい、埋もれ込んでしまったのでした。

u17

ま…悪戦苦闘しながら、この時は何とか脱出できたのですが…その経験をもとに、作業道の補修作業を始めたのでした。

k08

お分かりでしょうか?

タイヤが滑って路面に潜り込むことのないように…道路に敷いているのは廃棄された瓦…量的にはもう少し欲しいところですね。

何度か雨でも降って、土と馴染むと…滑らないいい路面になるのではないか…と考えています。

そばにいた奥さんに、ちょっとハコバンで入り込んで…走行実験してみようか…と言うと、これから帰って夕ご飯をつくらねばなりません。トラブルは困りますから今日はやめてください!…え?トラブル防ぐために瓦敷いたのだから、トラブルなど起こるはずがないよ!四駆は無敵だよ!…とどいせん!

無敵じゃないから上がれなかったのでしょ!とにかく、今日はダメです!何度か雨が降って、土がなじんでからにしてくださいね!

…ということで、もう少し瓦を入れ込み、馴染ませた後で走行実験…となります。

これもまた楽しみではあるのです!

すっかり春めいて…!

sp01

季節はすっかり春となっています…!

果樹園の横に一本だけ植えてある桃の花が一つだけ咲いていました。

咲いている花は、これ一つだけですが…まわりには蕾たちが咲く時期を待ち構えて…準備万端…!

sp02

ただ…この桃の木…いつもたくさんの桃の実をつけるのですが…さぁ、美味しそうになったぞ、収穫だぁ~!とこちらが動く直前に、まるでこちらの動きを察したように、一つ残らずハクビシンに持っていかれてしまうのです。

今年こそ…何とか作戦を考えて、手を打たねばなりません!

そして、もう一つは…桃の苗木を注文したはずなのに、何を間違ったか…こんな花が咲いています。

sp03

スモモの花…のようですね!

これはこれで楽しみではございます!

そしてもう…時期的には終わりかけている…土筆たち…!

sp04

まさに、土筆とスギナの世代交代の時期…なのでしょうね!

最後までしぶとく残り続ける土筆VSこれから成長を続けていくスギナくん…入れ替わりの真っ最中…んというところです!

sp05

さて、最後はレモンの園地…しばらく苗木にかまけて放っておいたら…すっかりお花畑になってしまっておりました!

sp06

sp07

まぁ、個人的には鮮やかな黄色は嫌いではないのですが…ここがレモンの園地だということになると…このまま放っておくわけにもいきません!

久々…刈払い機の登場です!

sp08

園地に咲いた春の草花たち…緑肥に変わってくれて、しっかりとレモンたちの栄養分になって欲しいものだと願うわけです。

新たにレモンの幹や実に形を変えて、また季節の訪れを教えて欲しいものですね!

sp09

打倒…ハクビシン!

人間の知恵が勝つか、ハクビシンの自然を生き抜く本能が勝つか…う~む、なかなか難しい戦いでございます!

苗木を初めて植えました!

kj01

折角、果樹園のお仕事を始められたのですから、苗木の状態から蜜柑の木をご自分で育てられてはいかがですか…とは奥さんの言!

さて、どうしようかなぁ~! なんて煮え切れないどいせんの態度に、奥さん曰く…あなた用の蜜柑の1年生苗木を20本ほど注文しておきましたわ!

その20本の苗木が昨日午後届けられ…本日は朝から早速植え付け作業の開始となりました。

苗木の植え付け…お勉強しておいてくださいね…と言って渡された参考書…いろいろ理屈も含めて書いてあったけど、1番分かり安いのはやっぱり図解…視覚から入ってくるのが一番記憶に残りそう…!

kj02

さて、必要な肥料は…ヨウリン、苦土石灰、完熟堆肥の3種類…朝一番で農協に行き肥料を調達してきます!

農協の倉庫…ここに入るのは初めて…のどいせんです。

kj03

20本分ですから、上の説明書の分量×20…奥さんが手際よく指示して、どいせんは言われた分を軽トラに運び込みます。

kj04

さて、準備完了…で、果樹園に向かいます。

以前に苗木を植える場所を20ヶ所を選定していましたので、まずは…その場所に0.5m×0.5m×0.5mの穴を掘るのが…どいせんのお仕事!

kj05

その後、先ほど出てきた…ヨウリン、苦土石灰、完熟堆肥…を穴に入れ、土と混ぜるのが奥さんのお仕事…混ぜるとこんなふうになります。

kj06

苗木の根を広げ、むらの出来ないように丁寧に土を入れていきます。

kj07

根が隠れてしまったら、後は上から土をさらに入れて、苗木が安定するように周りを踏んで土を固めます。

どいせんの体重の威力で、土はちょうどいい具合の密度に集まります。

kj09

その後、苗木が強風などで吹き飛ばされないよう、竹を添えてあげるのです。

20本の苗木についてここまでの作業が終わった時点で、ちょうど午前中が終了となります!

こんな具合です!
kj11

kj10

さて、昼食後一息入れて…午後の作業は3時から…!

午後の部は、午前中に植え付けた苗木を肥料袋で囲ってあげます。

こんなふうに…です!

kj12

何のための袋掛け…なのでしょうか?

植え付けたばかりの苗木は、まだ土に根付いてないだけでなく、葉も茎も柔らかくて軟弱なので、苗木が成長して葉や茎が丈夫になるまで、四方を覆ってやれば強い日差しや風雨から守る事ができる…のだそうです。
カバーの上部は開いているし、保温、霜除け効果だけでなく、風雨や害虫から苗木を守る事が期待できるようです。

あ…もちろんこれは受け売り…でございます!

kj14

kj15

でも、こうしてみると…肥料袋は白いので、どこに苗木が植えてあるか…一目瞭然ですねぇ~!

さて、この日…もう一つのどいせんのお仕事…!

実は、作業道が…明け方まで降っていた雨の影響で、谷側の道路の土に軽トラのタイヤが埋もれ、回せば回すほど谷側に掘れながら移動していく…以前の二の舞になりそう…な状況が発生したのでした。



今回は、潜り込んだリアタイヤの下に石だの何だのと入れ込んで何とか脱出したのですが、そのまま放置しておくわけにもいきません。

土嚢を作って、早速補修作業に取り掛かったのでした。

kj18

kj16

さて、早速軽トラで試運転…の予定だったのですが、奥さんからストップがかかります!

朝方までの雨の影響で土がずいぶん柔らかくなっていますから、車で通るのは路面が乾いてからにしてください…大丈夫だよ…というどいせんの言葉も聞くそぶりはありません!

どいせんとしても…以前のユンボまで頼んで箱バンを引き上げた痛い経験があるので、今回は大人しく引き下がるしかありませんでした!

まぁ、明日のお楽しみ…ということにしておきましょう!
ギャラリー
  • 田植えが終了しました!
  • 田植えが終了しました!
  • 田植えが終了しました!
  • 田植えが終了しました!
  • 田植えが終了しました!
  • 田植えが終了しました!
  • 田植えが終了しました!
  • 田植えが終了しました!
  • 田植えが終了しました!
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ