どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

オートバイ

後ろ髪引かれながら…!

        W06

さて、12年ぶりに樽滝への新しい道(それも舗装路…)をみつけたどいせん…この新しい道はきっと樽滝までの舗装路が整備されているに違いない…何の疑いもなくダブハチで入り込んでいくどいせんでありました。
        W07

ところが…舗装路はすぐに終わり…ま、予想していなかったわけではなかったのですが…それにしても…もう少し舗装路が続いて欲しかったですなぁ~!

それでもダートになったり舗装路となったりを繰り返しながら、山道を上へ上へと上がっていきます。
        W08

そして山道は、分岐点へとたどり着きます。

そこには、樽滝の立て看板が…!
        W09

そこには、こんなことが書かれていました。
        K01

なんとこれから上向きの歩道を約20分登っていかねばならない…というのです。

その登る道が…これです!
        K02

これでは、ダブハチで登っていくわけにはいきません…行くためには、まず歩いて20分登り、安全を確認したうえで入り込んでいく…この作業が必要です。

しかし…これからまた20分間の山登りをするのは、ちょっと御免被りたい…というのが正直な感想でございます。

悔しいけれども、後日XRバハで再挑戦するか…12年前はXRバハでもやっとの思いで帰ってきたことを考えると…RTLをトランポに積んでここまで持ってきて、デイバッグ背負ってツーリングトライアル…とシャレ込むのもいいのなか…なんて考えるのでした。

        W10

後ろ髪引かれながらも、樽滝へのチャレンジはこの日はきっぱりあきらめ、白髭から山越えで大洲に下りて、帰宅の途についたどいせんでございました。

夕方からは、奥さんとコンサートに出かけるお約束があったからなのですが…それはまた別の機会にでも…!

涼を求めてちょい乗りオヤジ!

        W01

梅雨明けしてから、連日35度前後の…気象庁の言うところの危険な暑さ…が続いています。

暑い暑い…と言っていても暑さは一向に収まる気配がありませんし、かといってクーラーかけてお昼寝していても…体はかえって鈍ってしまいそう!

そこで、暑いのですが…それでもかまわずダブハチとちょい乗りオヤジとシャレ込むことにいたしました。

どうせ走るなら、涼を求めて…と言うことで山の中に入り込みます。

涼しさ…と言えば、緑と水…これで決まりでしょう!
        W02

山間を流れる川に下りて、しばしのコーヒータイムを楽しもうとするのですが、木陰がないとさすがに河原といえども…直射日光は暑いですねぇ!

たまりませんなぁ~!
        W03

川面に流れる山からの風も、この日ばかりは熱風でございます!

早々に退散…!

はて、緑と水の流れ…この方針に間違いはないはずなのですが…?!

しばらく谷あいの集落を走っていると、こんな看板に出会います。
        W04

そうです…やはり暑い夏に涼しい空気…といえば、もうこれは『滝』しかありますまい。

この標識にある『樽滝』は、どいせんは以前にも訪れています。

ただ、その当時は樽滝への道は…とんでもないゲロルートでトライアル車をもってしても、どいせん程度の技量では、到底到達不可能…なものだったのです。

        http://doisen423072.livedoor.blog/archives/16719334.html

この時の相棒は、XRバハだったのですが、ヌタヌタの急斜面…降りたのはいいのですが、今度は上がれなくなって…悪戦苦闘の体験でございました。

今回のルートは新しく…あれからもう12年が経過していますから、新しくと言っていいかどうかは悩むところではありますが…新しいルートということはさらに行きやすさが改良されていることは期待できるわけですよね。

これはもう…昔、XRバハで行けなかった樽滝へ、ダブハチで行くしかありますまい!
        W05

というところで、すみません…このお話続きます!
ギャラリー
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ