どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

風物詩

大雷神社夏祭り…神事!

        sj02

神事のためにみなさんが再び神社に集まった頃、宮司さんがやってこられます。

宮司さん、徐にカバンのなかから稲妻形に切った白い紙の束を取り出して、神社中のしめ縄にその髪を付け始めます。

それは何を付けているのですか?…とのどいせんの質問に、宮司さん答えて曰く「これはしでです!」

しで…う~む、初めて聞く言葉だ…当然調べます。

「しで」は、紙垂とか四手とかと書かれるようです。神聖とか清浄の標章なのだそうです。聖域を示す象徴となるようです。
        sj01

さて、神事が始まるのですが、神聖な場所での神聖な神事です…やたらとバチバチと画像を撮影するわけにはいきません。

神事では、どいせんも自治会代表として玉串を奉納させていただくわけですが、もちろの撮影など論外…ご法度でございます。

しかし、神事の前後ではかまわないのでは…と神社総代の方々にも言っていただき、何枚か撮らせてもらいました。

神事前の宮司さんの様子です。

着替えを終えられ、いよいよ始まります。
        sj03

天井には、毎年奉納される大提灯が飾られています。

令和元年の銘の入った大提灯があったので、一枚写させていただきました。
        sj04

次の神事は、八月の「風よけ」…ふむ?

一体どんな意味を持つ神事なのだろう…?

お分かりの方…おられますか?!

大雷神社夏祭り…準備!

        o01


本日は、大雷神社夏祭りの神事が行われました。

神事が行われるのは、11時…その前に、しめ縄を新しく作り変えるという作業が行われました。

昨日作られた輪抜け用の輪の修正も行われましたが、メインは何と言っても新しいしめ縄を神社に取り付けること…でした。
        o02

神社総代の方々、神社総代OB、そして老人クラブの有志が集まり、準備を行います。

どいせん…興味あるなら見学に来ていいよ…朝7時から集まって作業やってるからね…とは、神社総代のひろちゃんのお誘い…!
        o03

こうして編んだ三本の繩をねじりながらさらに大きな一本の繩にするのです。
        o04

一本の大きなしめ縄となったら、神社に取り付けます。
        o05
        o06

役目を終えた古いしめ縄は、労いの焼却処分となります。
        o07

さて、しめ縄が張られたら、次はそのしめ縄に飾りをつけていきます。

飾りの制作…そして、取り付け…これがまたなかなか大変な作業なのです。
        o08

まずは、じっくりと作戦会議…確認が出来たら、周りのチェックの中…一つ一つ飾り付けていきます。
        o09

なかなかいいではありませんか…カッコいいですよ!
        o10

最後に輪抜け用の輪も修正を加え、事前準備完了…となります!
        o11

さて、神事の開始まであと一時間ほどです。

どいせんたちは、一度帰宅して作業着を正装に着替え、神事のために再び神社にやってきます。

        o12

ふっと顔を上げると、緑のイチョウの木々に緑の銀杏の実がたくさんついていました。

神事に続きます。

夏の風物詩

        f02

我が家の奥様が上越に行かねばならない用事ができ、朝一番に駅に送ってまいりました。

まだ誰もいない駅舎に入ると…どこかから軽やかな音色が…?!

ホームに吊るしてある風鈴の音色でしたよ。

        f04

乗客の方々に暑さを少しでも凌いでもらおう…という心遣いです。

夏の風物詩…風鈴!

少しの間、見上げながら和ませていただいたのでした!

        f03

さて、奥様…お昼ごろには東京、そして夕方には上越…無事にたどり着ければいいのですけどねぇ~!
ギャラリー
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ