どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

メンテナンス

魅力的な工作室…!

j01

ミライースの走行距離が、30,400kmとなっているのに気づき、ちょうど時間がとれたので、モータースにオイルとエレメントの交換に行ったのでした。

ここは自動車屋さんなのですが、オートバイが常時10台ほどが置いてあり…いつも何か何かオートバイが修理されていたり、改良されていたりしており…どいせんとしてはこの工場を訪れるのが、楽しみのひとつになっているのです。

この自動車工場の工作室は、バイクいじりの宝庫のような場所なのだが、大将が自動車の相手している間(この日は、タイヤ交換もお願いしているのです)、どいせんとしてはゆっくりと工作室の見学を楽しませてもらったのでした。

j02

こんなエンジンが床にころがっているけど、どうするのかな…?!

机の上には、こんなのもありますよ!

j03

床に転がっているエンジンは、SRのものらしいのだが、はて…何に使う気なのだろう…?!

工作室の奥には動くSR…実際に動いているのを見たことはないのだが…が置いてあるが、まさかエンジンを積み替えるわけではあるまいに…!

j04

気になっているのは、机の上に置いてあるもう一つのエンジン…!

このKDXに載せていたものらしい…!

j05

KDX200を220にしたうえで、大将たちはこのKDXでエンデューロに参戦してきたのだが、今このKDXをトライアルが出来るくらいの改造をしようと取り組んでいるようなのだ。

車高を変え、キャスタ角を変え、競技で扱いやすいバイクにしていくのだそうだ!

もともと、ヤマハのトライアルのファクトリーライダーをやっていた人物…どんなバイクに仕上げるのか…楽しみではありますよね!

j06

こんな工作室が、我が家にもあればいいなぁ…なんて面白がるどいせんですが、まずはメンテのお勉強でしょう…なんて声が聞こえてまいりますね!

ふふふ…、こんなの見てると…ちょい乗りでいいので、バイクに乗って秋の林道を走りに行きたくなりますねぇ~!

クラッチレバーの修正!

c01

先日のトライアル練習で大きく曲がってしまったRTL250Rのクラッチレバー…!

新しいクラッチレバーを購入するにしても、もし修正できるのなら…直して予備として保管しておきたい…との記事を載せたところ、皆さん方から暖かいアドバイスをいただきました。



本日…一日フリータイムとなり時間がとれたので、皆さんのアドバイスを参考にさせていただき、クラッチレバーの修正を実施することにいたしました。

① バイスの購入

実は、どいせんは自分ではほとんど修理はしません(出来ません)!オイル交換やタイヤ交換なども含めて、大抵はバイク屋さん、アンパンマン、S田院長、ガン野大先生(今はお忙しく、とてもどいせんなどに付き合っているお時間はないようですが…)等にお願いするのが当たり前となっています。

そのどいせんが、今回…レバーの修正を自分でやろうと言い出したのですが、皆さんのアドバイスを読ませていただき、あれこれとイメージしていたのですが、ここで一つ欲しい道具が生まれたのです。

それが万力…万年さんはバイス…と呼んでおられましたが、万力なんて…中学校の技術科の授業以来使ったことがありませんでしたが、自分で修理をするとなると…やっぱりここは万力が必要だろう…そう思い始めると、もう止まりません…まずはホームセンターで万力を探します。

c02

どいせんは、万力といえば技術科室の作業机に取り付けられていたあの大きな鉄の塊…とイメージを膨らませていたのですが、ホームセンターにはいろんな万力が置いてありまして、まさにより取り見取り…バイク倉庫の作業机で使えるコンパクトなものもあり…手ごろな万力…箱には『ユニバーサルテーブルバイス』とありましたが…想像していた万力の半分ほどの値段で買えて、経済的…コンパクトタイプのバイスに決定いたしました。

こんなのです!

c03

持ち帰って、作業机に取り付けると…うん、なかなかいいじゃありませんか!

c06

② ついでの修理

さて、バイスを作業台に取り付けて、いざクラッチレバーを外そうとすると、フロントディスクカバーが割れているのに気づきます。

これも先日の練習時にやったもので、レバーの修正よりも簡単…それはそうでしょう…接着剤で貼り付けるだけですから…!

このあたりのコマゴマしたものは、どいせんも持っているのですよ!

c09

この手の補修で使う接着剤で、一番簡単で手ごろなのがグルーガンだと思います。

強度は…と聞かれると『?』…ではありますが、衝撃を受けて新たに割れるよりは、外れた方がリスクは少ない…とも言えるのではないかな…?!

c10

ね、きれいに仕上がりました(?)よね!

③ クラッチレバーの修正

さて、いよいよ本番のクラッチレバーの修正となります。

どんなものでしょうね…「×」のラインから「〇」のラインに戻せばOK…ということでしょうかね!

c11

さて、作業台ですが…後から思うに、もう少し片付けておけばよかった…と反省しきりですが、まぁ…凡人の悲しさ…後の祭りと云うやつでございます!

c12

バーナーも、まだどいせんが理科教師をやっていた頃、食塩を加熱して液体にする(融解する)実験を行う時に購入していたものが、その後、手付かずで丸々残っていまして、スペアボンベまでございました。

長時間の過熱が必要でも、まず心配はありません。

どいせんは、パンク修理などしたこともないのに、XRのリアバッグにはタイヤレバー(勿論、未使用)が入っているのですが、二十年以上一度も使ったことのないレバーがここで初めて役に立つ…と云うわけです。

c13

曲がったレバーにメガネレンチ(タイヤレバー)を通し、バイスにセットして準備完了です。

また、皆さんのアドバイス…そして、万年さんのブログの『レバーの曲がり修正』のページをプリントアウトさせていただき、作業中の参考書とさせてもらいました。



c14
一応、バーナーはこんな風に炎を出すのですが、この炎をレバーの曲がってしまった部分に当て、加熱した上で、メガネレンチを使って…テコの原理を利用して…ゆっくりと力をかけて曲がりを戻してあげる…と云うわけです。

残念ながら、一人切りの作業のため…右手にバーナー、左手にメガネレンチ…デジカメを扱うことが出来ず、作業中の画像はありません。

というところで、作業終了時のレバーの画像です!

c15

あの大きな曲がりが、元通り(とは言い難いですが…)かなりいいところまで戻すことができていますよね。

実際にRTLに取り付けると、こんなカンジになりますね。

c16

修正前、修正後を並べて比較しますと、その変化が一目瞭然でございます!

c17

このレバーの修正に関して、全く知識のないどいせんに対して、アドバイスをいただいた皆様方、本当にありがとうございました。

ひとまずは、無事に(レバーを折ることなく)修正を完了できたことを、感謝を込めてご報告いたします。

本当に、ありがとうございました! 

失物(なくしもの)、見つかる…!

        k01

午前中、果樹園の草刈り作業を終え、お昼に帰宅…軽トラから刈払い機を下ろそうとしたときに、初めて異変に気が付きました。

何と…エアクリーナーのカバーが無くなっているではありませんか!

        k02

これは困りました…!

果樹園のどこかに落としてきてしまったのでしょうけど、何度か燃料を給油して使ったのですが、カバーが無いことは全く意識できませんでした。

…ということは、失くしたのは最後の給油後…ということになります。

もう一度、果樹園に探しに行かなくてはなりませんが、失物…というと今年のお正月に引いた神社のおみくじを思い出しましたよ~!
        占い

〇 失物(なくしもの) 出ますがおそくなります。

ふむ…今日には見つからないのかも…なんて思いましたが、ま…おみくじなんてのは、当たるも八卦当たらぬも八卦…あ、これは占い…か!

しかし、探さぬわけにもいかないので、暑い日中は家でのんびり…夕方4時過ぎに果樹園へ出かけ最後の部分から逆ルートで廻ります。
        k03

園地を奥へと進み、途中から作業道を下りていきます。

作業と逆ルート…上から下側のミカンの苗木の周りを確認しながら移動します。

え?…あの黒いプラスチックらしいものは…もしかして?!

        k04

おぉ、ここに落としていましたか!

さっそく持ち帰って、取り付けましょう!
        k05
        k06

メインの刈払い機がお盆過ぎまで修理中…の今、リョウビの2台の刈払い機に活躍してもらわねばなりません。

もうしばらく、頑張ってくださいね!

刈払い機、クラッチ逝く…!

        K01

快調に動いていた刈払い機が、突如動かなくなった!

エンジンは問題なくかかるのだが、刃(ナイロンコードなのだが)が回らない…!

前回は刃の取り付け部分のベアリングが壊れてしまって取り換えたのだが、今回はエンジン部の周りのトラブルのようだ!

すぐに、農機センターに持っていく。
        k02

さすがプロですよねぇ!

話を聞いて、ちょいちょいちょい…っと分解していき、あ…ベアリングが壊れてしまっている、クラッチも焼き付いてるぞ、シャフトがガタガタになってる…う~む!
        k03

これって、遠心クラッチだったんだぁ~!

始めて知った…!
        k05
        k04

センターのお兄さん…これ…カバーがプラスチックなんですよね。プラスチックだと変形しやすくてね…これって金属に交換した方がいいですね。
        k06

さて、草刈りの途中で持ってきたんだけど、これ…すぐ直りますか?…と訊ねるどいせんに、お兄さん…申し訳なさそうに…来週はお盆休みが入るので、部品が届くのがお盆明けになってしまうんですよ…直るのは19日の週になりそうなので、直ったら連絡しますから電話番号書いておいてください。

う~む、やむを得ないなぁ!直ってくるまでは、ホームセンターで買った刈払い機をもう一度使うしかないなぁ~!

こちらも壊れなきゃいいけどなぁ~!

ちょっと心配などいせんでございました!


  閑話休題

この日の夕方…奥さんからお庭の水撒きを仰せつかったどいせん…何げなく通り過ぎようとして、え…?とちょっとした違和感に立ち止まります。
         k07

踏み石と花壇の間に何かいます!

信じられない生き物が、動いているのですが…まさかこんな場所にこんな生き物が歩いているなんて…しばらくは信じられませんでした。
        k08

なんと全長20cmを超えるカメだったのです。

どいせんが立ち止まって見ていると…カメとしても視線を感じたのかもしれません。
        k09

慌てて方向転換をして、花壇を横切り姿を消してしまいました。

はて、こんな場所に何をしに来ていたのでしょうねぇ?!

奥さんは探検に来たんじゃないでしょうか…などとわけの分からないことを言っていましたが、ま…餌を探しに歩いていて迷い込んだ…というのが正解ではないか…と思います。

カメさん、無事に川に帰っていければいいのですけど…ねぇ!

XR BAJA オイル交換に行く!

        バハ03

天気予報によると…四国地方、本日は梅雨の間のただ一日の晴れ間…なのだそうです!

この晴れ間の日を狙ったように、先日セフロさんのブログでW1SAのオイル交換の記事が出ていました。

   『旅支度かな?』

我が家のW800は、先日オイル交換が終わっているのですが、XR BAJAの方は…え~と、いつオイル交換したっけ…? う~む、思い出せません!

持ち主が忘れてしまうほど以前…これは問題でございます!

早速、バイク屋さんに電話をかけ、今からBAJAを持っていきますから、オイル交換をお願いします…!(きっぱり!)


        バハ02

このXR BAJAは、ドライサンプ方式のオイルクーラーが付いているので、オイル交換がめんどくさい(…言い訳だろう、それくらい自分でやれよ!…なんていうアドバイスもあちこちで聞きますが…)ので、バイク屋さんに丸投げのどいせんでございます。

ここのところ、W800はほとんど毎月バイク屋さん主催のツーリングに参加していましたし、RTL250Rは、四国選手権めざして練習していましたので、結構乗る機会が多かったのですが、XR BAJAに関しては、先日の雨の後の状況確認でミカン園に出動するまで、ほとんど倉庫の隅にカバーかけられたまま放置状態だったのでした。

あまり忘れないように、定期的にメンテはしなければ…と反省しきりのどいせんでございました!

        バハ01

バイク屋さんに行ったついでに、夏用のメッシュジャケットを注文してきたのですが、カタログを見せてもらっていると、なんと世の中には…どいせんの体型を予想した大きさのサイズがあった…ということを知って、相当に感動いたしたものでした。

普通…サイズと言えば『S』『M』『L』『LL』『XL』…というものですよね!

ところが、カタログをよく読んでみると、太めの体型用に『BL』とか『BLL』とかいうのがあるのですよ!

普通の体型をA体といい、太った(お腹の出ている)体型をB体というのだそうです!

これはうれしい…!

早速、メッシュジャケット…体型『BLL』を注文したどいせんでございました!

さぁ、メッシュジャケット…くるのが楽しみでございます!
ギャラリー
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ