どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

果樹栽培

みかん研究所見学…!

m02

10月24日、雨の中…奥さんとみかん研究所の参観デーに行ってきました。

  ☆☆ みかん研究所参観デー  ☆☆

実は、どいせんはみかん研究所を訪問したことは過去にありませんでしたし、みかん研究所自体への興味もあまりありませんでしたが、それでもみかん研究所を訪問しようと思ったのは、前日に…高校の同級生のHRSくん(彼は高校卒業後、農業大学校に進学しています)から、お誘いのラインが入ったからに他なりません。

m01

この日、朝一番で親類の訃報が入ります。

夕方お通夜、そして翌25日には葬儀が行われます。

連絡をくれた叔父に、昼間…どいせんのお手伝いが必要な事項がありますか…との質問に、特にないよ…夕方のお通夜に顔を出してくれたらそれでいい…とのご返事!

そこで午前中、奥さんと雨のみかん研究所の参観に出かけたのでした。

研究所入り口左の講堂では、みかんの品評会や室内展示が行われています。

m03

中に入ると、予想以上に人がいます。

m04

これは、ちょっと驚きでした。

品評会…ここではみかんコンクールといっていますが、他人が育てたみかんをみて評価して、何がおもしろいのか…イマイチどいせんには分かりかねます。

皆さん…熱心に一つ一つみかんを見ておられます!ふむ…!

m07

また、壁一面には、調査研究の発表が貼りだされてありますが…これもまた素人のどいせんにはイマイチ内容が理解できない…!

m05

m06

折角、研究所の参観に来たのですが、これでは何しに来たのかさっぱりわからないことになってしまいます…そこで、例のHRSくんに電話を入れて、案内と説明をお願いすることにしたのでした。

この日のHRSくんの研究所での役割は、参観客の案内と説明…ということですので、彼がずっとどいせんの案内役をやっていても…それ自体が仕事内容は逸脱しないわけで、それならいっそのことどいせん専属案内人…となってもらうことにしたのでした。

m08

どいせんとおくさん、そしてHRS氏は、雨の中傘をさして、みかん研究所の果樹園を見学することにしたのです。

何でも聞いてくれ、何でも答えよう…HRS氏はそう言いますが、何を聞いたらいいのかさえも分からないほど、どいせんは素人なのでございます。

m09

ただ、それでも園地を廻りながら、HRS氏は何とかいろんな知識やノウハウをどいせんに伝えようと説明をしてくれながら巡回をするのでした。

m10

しかし…雨の中とはいえ、これだけたくさんのみかんの木を説明を受けながら見続けると…さすがの素人のどいせんでも…この研究所の異常さに気付き始めます。

何だこの果樹園は…どうやったらこんな果樹園を作れるんだ…思わず声に出して叫ぶどいせんでした!

m12

広い研究所の果樹園…いろんな品種のみかんが育てられているのですが、どこの部分をとっても、不思議なくらいに徹底されていることがある。

まず、土壌に相当力を入れられているようで、雑草処理だけではなく土自体が意識的に作られているのではないか…と思うのだが、この場所でもあの場所でもいい土でみかんを育てている…普通同じ園地でも場所によって土質が結構違うものだ…こんなのは相当手を入れねば…といっても、普通こんなことはやれないだろう…!

m13

そして、さらに信じがたいのが、果実の大きさである。

どの果実も同じくらいの果実の大きさなのだ!

これは、広い研究所の園地のどの部分をとっても言えるのだ!

普通…一本の木を見ても、大きな実もあれば小さな実もある…それが当たり前だろう…!

もちろん、熟れている実もあれば、まだ青い実もある…それが普通でしょう!

ところがここの果実は違うのだ…みんな同じくらいの大きさに育ち、みんな同じくらいの色付き具合なのだ…!

m14

そして、すべての実に、うまく太陽の光が当たるように、枝が切りそろえられている…一日の太陽の動きで満遍なくみかんの実に太陽の光が当たるように、枝と葉が配置されているのだ。

全部にその計算がなされているのだから、どこまで手をかけているのだ…改めてかける労力を考えると、ちょっと異常にさえ思えてくる。

m11

HRS氏に言わせると、みかん研究所のみかんが普通の園地とおなじようなみかんなら、それこそ研究所の意味がないだろうが…ということになるわけだが、コスト度外視で完成度の高いみかんの育て方を追求すると…こんな信じられないような園地が出来上がるのだろうなぁ…などと感心したどいせんでした!

m15

もちろん、ここではみかんの新品種の開発も常に続けられていて、甘さの追及や食感や育てやすさまで多種多様な実験が行われているようだ。


m16

みかん研究所…もう少し経験を積んで、また来てみたいですね…その時にどんな感想を持つか…ちょっと楽しみになっているどいせんでございました!

モノラックを移動させます!

m01

いよいよ蜜柑の出荷の時期がやってきます。

まずは、極早生蜜柑の出荷のために、倉庫の横にあったモノラックを極早生蜜柑の園地に移動させなければいけません。

エンジン本体と2両の台車を軽トラに積み込み、園地に運びます。

m02

トラックの荷台のモノラックにレールをつなぎ、エンジンをかけ、一気に下ろします。

あとはつないだレールを取り外し、エンジン本体に台車をつなぎ、お仕事完了です。

m04

エンジンにカバーをかけて、いつでも使える状態にしてOK…本日のお仕事終了となります。

さ…、これでいつからでも極早生蜜柑の収穫ができますよ!

と言いながらも、たちまちは明日はバイク屋さん主宰の『うどんツーリング』です。 

大喜びの夏草たち…!

k01

雨とイベントが続き、一か月の間全く手を入れなかった園地があるのです!

夏草たちは喜んでいるだろうなぁ~!…なんて予想はしていたのですが、久しぶりに見に行ってみると…なんと…苗木が完全に雑草の中に取り込まれ…とても果樹園には見えない状態になっています。

k02

k03

これは…このまま夏草たちの我がままを放置するわけにはいきません。

早速、草刈り作業に取り掛かるのですが…これは軽トラを止めている作業道の右側の園地…ここには作業道の左側にも園地があるのですが、これも同じような状態…!

k04

夏草たちのパワーを改めて痛感したどいせんですが、ここで弱音を吐くわけにはいきません。

午前中に右側、そして午後から左側…続く長雨に大喜びの雑草たちが調子に乗るのもここまでです!

まず、午前中…ミッション完了!

k05

k06

さて、ここでお昼休み…ちょっと休憩です!

お昼ご飯の後、40分ほどのお昼寝…元気回復です!

さて、今度は左側のミッションスタートです。

k07

雑草たち…これでもかっ!…というくらいの自由奔放さを発揮…高さも広さも…もうやり放題!

k08

k09

どいせんよりも高い雑草たちを、バリバリ切り倒していく草刈り機…!

切っても切っても次々と現われる元気いっぱいの雑草たちに、さすがのどいせんもお疲れ気味…!

k10

それでも、苦戦の末…雑草たちを一先ず退治したどいせんでした。

k11

k12

夏草の元気を痛感したどいせんでしたが、これだけ雨が続き、放置せざるを得ない状況となれば、果樹園は当然雑草の天下…今回慌てて駆除とはいえ、このまま引き下がる雑草ではございません。

k13

ま…2週間で元の木阿弥…というところですかね?!

明日はまた雨の予報…もういい加減に爽やかな秋空が欲しいところですよねぇ! 

結構いそがしい一日でした!

b01

今朝は、豪雨警報の出されている中で、『摘果講習会』が開かれました。

昨年などは20~30名ほどの参加者がいたのですが、今年は豪雨警報発令…もあってか、わずか5名の参加でした。

どいせんなども、長靴に傘をさしての参加となりました。

まず、20分ほどのプリントを基にした技術指導がありました。

学習プリントの一部…です!

資料03
なかなか丁寧な説明で、理解の助けのために図まで書いてくれている資料でしたが、やっぱり実際にやってみなければ本当のところは理解は難しいですね!

上の指導プリントによるとこの時期、早生温州の摘果基準は43mm以下…直径4.3cm以下の蜜柑は千切って落としてしまいましょう…というのです。

b02

実際の園地に行って、摘果を行う部分の指導や大きさの指導を具体的に教わります。

実際に43mmの大きさをノギスで測って摘果した蜜柑です!

k01

え~、ちょっと落としてしまうには大きすぎないか?…なんて意見もでていましたが、OTN講師(盆踊りの記事を見ていただいた方はお分かりかもしれませんが、講師は盆踊り大会時にお父さんとデュオを聞かせてくれたあのOTNくんであります)はきっぱりと…これより小さいものは全部落としてください!

さすがに豪雨警報…雨の勢いも激しくなってきて、いつもは1時間半~2時間ほど続く講習会も、警報には勝てず、50分程度で終了となったのでした。

さて、予定より早く講習会が終了したので、昨日の風除けの宴会の会計処理に各お店を廻りますが、最後に費用を地区の常会の通帳から引き出すため、農協の金融部を訪れたのでした。

さて、午後昼食後…外から大きな虫の羽音のような…そうブーンという低周波が聞こえるので外に出てみると、我が家の田圃の防除をSRS氏がドローンを使ってやっていただいていました。

どいせんが行くと、ちょうど終わって操縦者のもとにドローンが帰ってきたところでした。

d01

さすがですね…HRS氏…みごとにドローン着陸です。

d02

これって、結構大きいですよねぇ!値段…って、いくらくらいするのです?と聞くどいせん。

三百万を少し超える…とのことですが、おぉ、フォークリフトが2台買えておつりがくるんだぁ…驚くどいせんでございました!

さて、ドローンかぁ…一台あればいろんなことができるんだろうなぁ~なんて思っているどいせんのところに、7月6日に無農薬の勉強会で一緒に熊本に行ったオジサンのお一人OKD氏(真ん中のお方です)が突然のご訪問…!

S01

どいせん久しぶり~!今ね、こんな企画をやっているんですよ…チラシを何枚か置いていくから、お知り合いに配って欲しいんだ…お願いね!

と言われて、渡されたのが…このチラシ!

c01

なかなか面白そうなイベントではありませんか…!

しかし、9月16日…って敬老の日ですよね!

何だか…自治会か公民館関係でもイベントがありそうで…動員がかかればそちらに行く必要があるんだろうなぁ~!

さて、その後夕方から、親類のお爺さんの灯し上げとお婆さんの一周忌を一緒に行う儀式に参加…!

雨の中にもかかわらず灯篭を燃やし、お二人の思い出をみんなで話しながら、4時間ほどの集まりを終了したのでした。

この1週間…雨が降ったり止んだりの落ち着かない天気が続きそうですが、来週は頭から再び九州熊本への研修旅行…少しでもお仕事…進めてきたおきたいものなのですけどねぇ~!

そんなことを思いながら、結構いそがしい一日が終わりかけております! 

久し振りのお仕事でした!

k1

昨日の夕方から降り始めた雨が…今日一日降ったり止んだり…で、落ち着かない天気が続いていますが、昨日の午前中…久しぶりに果樹園に出かけていきました。

お盆前から、台風10号だったり、盆踊りだったり、防災カフェだったり…と、なかなか本来のお仕事が出来ずにいたのです。

園地に行くと、お盆前から降り続いていた雨で、雑草たちは大喜びで育っていたものでした。

8月の初めに一度草刈りをした園地なのですが、そんなことはお構いなく入り込むと膝当たりまで雑草が覆っています。

お盆前に遠心クラッチが焼き付いて使用不能になっていた草刈り機も、無事復活…園地の下から上に向かって雑草を刈りながら進みます。

草刈り前と草刈り後…を比較するとざっとこんな感じですかね!

k2

せっかく、ある程度進んだと思ったら、すぐに雨…前線の影響なのでしょうけど、雑草たちは大喜びでしょうねぇ!

k3

明日も雨が続きそうなので、自治会の配り物をしておかねばなりませんな!

そして、明後日は大雷神社で『風よけ』の神事があります!

『風よけ』…一体何かお分かりですか?!

昨年は豪災害のため、この神事は中止になったようで、どいせん自身も内容を全く理解できておりません。

さて、どうなるのやら…?!

k4
ギャラリー
  • 石灰沈着性腱板炎
  • 石灰沈着性腱板炎
  • 秋の子供行事…!②
  • 秋の子供行事…!②
  • 秋の子供行事…!②
  • 秋の子供行事…!②
  • 秋の子供行事…!①
  • 秋の子供行事…!①
  • 秋の子供行事…!①
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ