どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

EX-V8

KF方式の未来は明るい!

c5d68d6b.jpg


cc24bc30.jpg







 このあと、上の高速林道に戻り、法華津峠で宇和海を見て、桜の花を道沿いに眺めながらの帰宅となったのでありました。

 ビデオもいくつか撮影したのですが、この後は全部ライディングはスタンディングで通しておりまして、結局…下しか…というかタンクと路面しか写っていない…そんなファイルばかりでありました。

 次回の実験に期待…というところでありますね!

 KFくん…、今回のKF方式のゴーグルの設定場所…、ふふふ…!ちょっとこれも恥ずかしくて…次回にでも機会があれば、写真を公表…というところでいかがでしょうか!あはは…!

 でも、シートに座ってのライディングは、ベストだったんですけどねぇ~!

 スタンディングもカバーするKF方式…これが次回へのかだいでありますね!

 では、最後に法華津峠への最後の道のビデオで今回のレポートの〆とさせていただきます。

 どなたさまも、お付き合いありがとうございました!

        
        KF方式改#12(法華津峠への道)

一般林道実験(KF方式改)

ba469b08.jpg



 さて、一般林道でも同じだろうな…とは思いましたが、ここまでくればやらないわけにはいかないでしょう!

 この法華津峠の高速林道の下に、昔からの一般の林道が走っています。

 そこの入りこみます。

 しかし…、ここにこそ、『KF方式の落とし穴』…と言うべき事項が隠されていたのでした。

 それに気がつかずに…走りきってしまいました。

 この3つの動画ファイルは…明らかに失敗作…となってしまったのでありました!

        
        KF方式改#7(ノーマルモード)

        
        KF方式改#8(HQモード)

        
        KF方式改#9(UHQモード

 この3つは、明らかに失敗です。

 どこが失敗の原因か…というと、KF方式をきちんと理解しないまま…固定的に使ってしまっているところに敗因がある…といえるでしょう。

 実は、この下の林道は…ずっと終わりまでスタンディングの姿勢のまま走っていたのです。

 当然、上半身は前傾姿勢…それの影響がもろにカメラに出た…ということでしょうね。

 下ばかり写っている動画となってしまいました。

 乗っている本人は、前に後ろに右に左にと体動かしながら、楽しみながら乗っているのですが、動画を見ている方は…はっきりしない路面ばかり見続けていなければいけなくて、面白くない!

 当然ですよね!

 KFくん!!『KF方式』まだまだ奥は深いですねぇ~!

 しかし、これは…すごい方法であります!これからが、さらに楽しみですねぇ~!

高速林道実験(KF方式改)




 KFくん…!あなたの考え出した『KF方式』は無敵です。

 私の場合、ヘルメットが古いため…チンガードの形状のせいなのか、カメラ自体のウェートのせいなのか、はたまたゴーグルのゴムの強度のせいなのか…なかなか安定しませんでした。

 そこで、改良を加えたワケなのですが、この『KF方式』の応用範囲は無限です。

 使えば使うほど、すごい…!と言わねばなりません。

 でも、私の動画を見て…一つだけ分かったことがありました。

 取り付ける前には、ゴーグルは綺麗に拭いておく必要がありますね。

 それだけが、今回の心の残りでありました!

 では、話を戻します。

 さて、舗装路では撮影はノーマルモードにするのが正解である…という結論に達したわけですが、高速林道、また一般の林道…と振動の大きい可能性のある所ではどうなるのか…これも確認しておかねばなりません。

 そこで、まず初めに走ったのが、法華津峠の高速林道です。

 僕などの『直線の亀、コーナーのカタツムリ』と呼ばれているおじさんでも、ここではアクセルを開けると70~80km/hくらいは出てしまいます。

 ただし、この日は…時間の関係で、仕事帰りに林道に入りこんだため…スラックスにカジュアルシューズ、ワイシャツネクタイの上にジャンバー…という、がん野大先生が聞いたら厳重注意となりそうないでたちだったため、安全運転に最重点注意をおき、水たまりはスラックスを守るために迂回作戦…これが必須の走りでありました。

        
        KF方式改 #4(ノーマルモード)

        
        KF方式改 #5(HQモード)

        
        KF方式改#6(UHQモード)

 あまりどのモードも変わらないですね!

 しかし、この#6のUHQモードなどは、大きすぎて100MBを越えてしまい、ファイルの途中の部分をカットして何とか100MBに収めた…という処理までやらねばならなかったわけですが、それでも画像の美しさに変わりがない…ということは、ノーマルモード仕様に決定…ということですね。

 さすがに時速70~80kmくらいのスピードが出ると、ノーマルモードのレベルでは路面は認識できないですね。

 綺麗なのを見たければ、YouTubeを他のものに変えなさい…ということなのでしょうね!

 690エンさんのブログ見せてもらっていると、Dailymotion…きれいですよねぇ!

舗装路予備実験(KF方式改)




 本日の課題は2つあった。

 (1) KF方式が如何に使えるか…ということなのであるが、デジカメ自体の質量のせいか、それとも僕のヘルメットのチンガードの特性か…純正KF方式ではうまくいかない部分があって、改良の余地が存在しているのである。

 (2) デジカメのビデオの画質なのであるが、UHQ(ウルトラハイクオリティ)という最高のグレードで録画しても、YouTubeを使うと、このグレードが生かされていないのではないか…という疑問である。

 (1)については、ヘルメットのチンガードの特性のためにうまくいかないので、『KF方式改』として若干の改良を加えた。

 動画を確認されて、KFくんご本人のコメントなどいただけたらうれしく思います。

 (2)については、実はEX-V8というデジカメには、ビデオのモードにYouTubeモードというのがあるのです。

 実は、このYouTubeモードというのは、ビデオのノーマルモードと同じであるということがわかっているのです。

 すなわち、グレードの高さがこのデジカメでは、〔LP〕→〔Normal〕→〔HQ〕→〔UHQ〕となっているのだが、〔Normal〕、〔HQ〕、〔UHQ〕がYouTubeを使う場合に異差が出るのか出ないのか…これを確認せねばなるまい。

 ファイルの大きさを考えると、〔Normal〕と〔UHQ〕では、2倍大きさが違ってくるわけで、これはぜひともここで確認しておかねばならない事項であると言わねばならないだろう。

        
        KF方式改 #1(Normalモード)

        
        KF方式改 #2(HQモード)

        
        KF方式改 #3(UHQモード)

 いかがでしょうか?

 舗装路の3種類の画質の違う動画を見ていただいたのですが、ノーマルモードもUHQモードもほとんど差が見られないですよね!

 せっかく、グレードの高い画質の撮影を行っても、YouTubeを使う限りに置いては、舗装路の」走りでは差が出ないことが判明致しました。

 今後は、舗装路では〔Normalモード〕を使うことにいたしましょう!

こいつはね、ズームもすごい!

 このデジカメ専用機、これから少しずつ使い方も勉強していかねば…と思っている。

 こうやって、ブログの先輩方がおられるので、聞きながらいろいろと試しながらやれるということは、非常に楽しみなことだと思う。

 下の写真は、林道で最後のコーヒータイムをとった場所の崖の下の木の芽である。

 上が、普通の状態で撮影したものであり、下がズームを使って撮影したものである。

 なんと、これだけ大きくはっきりと細かい部分も撮影することができるのである。

 面白いなぁ~!マジにしばらく…デジカメにはまりそうですねぇ~!

620e7e58.jpg


812957d8.jpg



 さて、本日のテスト走行…これにて終了!

 最後に、帰宅途中の道…に桜が咲いているのを見ながら走る…をビデオで撮りながら走って、本日のお別れといたします。

 しばらくは、この愛すべきデジカメで遊ばせてもらいたいと思っております。

 みなさん、もし興味があられる方は一緒にお付き合い願えたら幸せでございます。

 どうかよろしくおねがいいたします!

        
        テスト走行 #7(ちょっとだけ桜の花びら)

ギャラリー
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ