どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

トライアル関係

陣中見舞い…!

tr01

昨日LINEで、今日パークで練習するよ~との連絡が入りました。

どいせんとしては、今日は苗木の世話と田植えの準備に取り掛からなくてはならなくて…残念ながら行けません…とご返事をしていたのです。

しかし、3時前に仕事も終了…少し時間が出来たのですが、RTLを車に積み込み、練習に参加するには少し時間が足りません。

今回は、久しぶりに…ホントに久しぶり…XRバハを倉庫から出してきて、トライアル練習の陣中見舞いにパークに顔を出すことにしたのでした。

tr02

練習していたのは、アンパンマンスコルパ、ジャムおじさんランドネ、ヒロさんベータの三台の125です。

アンパンマンはジャムおじさんのランドネを使って、ヒルクライムの練習をしていました。

気持ちよさそうにヒルクライムを登っていきます。



この後…ちょっとしたトラブルが…!

前の練習会のときにもトラブっていたヒロさんのベータのラジエータのファン…モーターの動作確認のために、どいせんのバハのバッテリーを使います。

tr03

モーター…勢いよく回ります…やっぱりサーモでしょうね!

さて、みなさんの練習の様子を見ていると、時間がなくてもやっぱりRTL持って来ればよかった…と残念がるどいせんでしたが、ミニミニ練習場へも遊びに行くよ…とのアンパンマン、ジャムおじさんの一言にちょっと嬉しがるどいせんでした。





昨年、CB72を復活させたアンパンマン…コロナが落ち着いたら一緒にツーリングに行こう…と、久しぶりに会って…話は規制緩和後の計画に一足飛び…!

コロナ…はやく落ち着くといいなぁ~!

みなさんの共通した願いでございます!

tr04

どいせんとしては、しばらくはミニミニ練習場の遊び道具作り…こちらをメインにして時期を待つことにいたしましょう!

壊れないステアケース…出来るといいなぁ~!

ステアの材料を集めてこなくては…!

st01

本日は果樹園で摘花作業…だったのですが、頭の中では新ステアケースの材料集めでいっぱいです。

ステアを止める杭を立てるための穴掘り器は、昨日発注したのですが、今日発送した…との連絡が入りました。

今週中には届くのではないかと期待しています。

st02

さて、これは早生蜜柑の果樹園の横の雑木林なのですが…ここから雑木を切り出してステア用に使うのもいいかもしれない。

もちろん、ここも我が家の雑木林なのだが…奥さんに聞くと、どちらにしろ冬には雑木の整理をしなければならないわけですから、どれをどう使ってもかまいませんよ。使いたいものをご自由にどうぞ…!とのことでありました。

st03

あまり太すぎると運ぶのに困るのですが…これなどは1.5~2m程度の長さに切れば簡単に運べそうな気がいたします。

もちろん、ミニミニ練習場に近い処から調達するのが、便利ではあるのですが…近くの雑木林の木々は…う~ん、運ぶにはちょっと大きすぎる…それが悩みどころでございます。

st04

ミニミニ練習場の横の道路に覆いかぶさった大きな木々…これが切り出せればいいのですが、脚立持ってきて登って切っていく…なかなか大騒動となります。

st05

上を見上げると…こんな感じですね!

チェンソーで伐るのはそんなに難しくはないのでしょうが…いざ処分をする…となると、これはなかなか手強そうですね。

st06

こんなのもありますが…どうしましょうか?!

st07

これはミニミニ練習場のすぐ横の雑木林…材料は目の前にふんだんにあるのですが、これだけ大きな木々では、いくら隣にあろうとも…手が出せませんよね!

探してみると、こんなのもあります!

st08

相当に背が高そうですが…うまくいけば何とかなるかも…?!

明日…午後3時以降なら時間が取れそうなので、チェンソー持ち込んで材料集めに取り組んでみたいと思います!

うまくいけばいいけどなぁ~!

止まらぬカスガイ、転げるステア…!

st221

さて、丸太をカスガイで打ち止め、満を持してRTLを走らせる。

ところが、フロントは浮かせて触らないからいいのだが、リアタイヤが乗り越える時…映像をみると明らかにカスガイが浮き上がっている。

あれだけ叩き込んで固定しているのにもかかわらず1回RTLが乗り越えただけで、カスガイが外れてしまうのだ。

もう一度、カスガイを打ち直しチャレンジ…!

st219

やっぱりですね!

何度も繰り返すと…もうカスガイは弾き飛ばされて…どこに飛んだのかさえ分らない物もでてくるしまつ…!

st220

最初は、それなりに積み重ねていた丸太の集団も…最後は丸太が地面に置かれている…そんな状態になり下がってしまった…情けないなぁ!

横から見ても、とてもステアケースには見えないですよねぇ!

st217

この後…カスガイを使ってのステアケースを作るのをあきらめ…雑木林のなかからステアケース代わりになりそうな太い木を伐りだしてきて、一つの丸太でステアケース代わりにしようか…なんてことをマジで考えていたのでした。

そんな時に、前回の記事にコメントをいただいた、セフロさん、Tなかさん、万年NAさん…の方々!

そんな大層な作業をしなくても、工夫すれば丸太を積み重ねてステアケースをつくれるよ…とのアドバイスをいただいたものでした。

一つずつ実験で確かめながら、ステアケース第2号…もう一度作ってみたいと思います。

ちょっと楽しみになってまいりましたよ!

st222

ステアケース1号、完成…!

st01

ミニミニ練習場のステアケース1号…2個のタイヤを固定する方法が分かりましたから、後は実践あるのみ…ということで、一度持ち帰ってきたスタッドレスタイヤをボルトで固定し、再びミニミニ練習場に持ち込みます。

あわよくば、RTLでトライしてみたい…ということで、RTLも一緒に持ち込みます。

st03

さて、ミニミニ練習場ではタイヤを水平に固定するため階段状に土を掘らねばなりません。

地面に掘る位置を決めます。

st04

スコップでタイヤの入る穴を掘っていくのですが、土が柔らかいので簡単に掘れてはいくのですが…いろんな根っこがはびこっていて…結構苦戦します。

st05

タイヤの入る大きさの空間が掘れたら、前後左右の高さを調整せねばなりません。

斜めに傾いたステアはこれはこれで面白いのでしょうけど…今回は水平なステアケースを置きたいので、丁寧な調整が必要です。

st06

そして、バイクで上がるのですから、一番負荷がかかるのは手前の部分…ということになります。

何回かステアを上がっていくと、当然手前の部分に負荷がかかり、手前の部分が下がってくる…ということも考えられます…そこで、手前に下の部分にブロックを一つはめ込むことにしました。

st07

あとは、水平方向を意識しながら、周りに土を入れていきます。

st08

さて、完成品…横から見るとこんな感じ…!

st09

さ…完成です!

一息入れたら、実際にステアケースとして使えるかどうか…RTLで実験してみましょう!

st10

さて、実験です!

強度を確認するために、RTLで思いっきりリアタイヤでステアケースに負荷をかけます。

st11

大げさなアクションで、リアタイヤをステアの角に当てて負荷をかけたのですが、大丈夫…動いたりズレたりすることもなく…まずは一安心です。

後はしばらく…ああだこうだと遊ばせてもらいました。

st12

st14

st15

st16

次は、マーカー置いて走りたいものですね!

練習をしなくなれば、あっと言う間に雑草に覆われてしまうミニミニ練習場…雑草に負けずに練習していきたいものですね!

いいステア…になりそうだぞ!

sk13

さて、タイヤ2個を針金でつないだミニミニ練習場のステアケース…RTLでトライするとフロントを乗せるまではいいのだが、リアを当てた途端にずれてしまう…これを何とかしたい…これが前回の課題でした。

みなさんからご意見アドバイスをいただき…たどり着いたキーポイントは『ボルト固定』でした。

最終的にいただいたのは、万年さんのホイールの表同士を合わせてボルト止め…というものでした!


m

そこでもう一度ステアケースに取り組むために、ミニミニ練習場から4本のタイヤを持ち帰ってきました。

針金で縛り付けていた2本のタイヤを切り離します。

t01

放置してあったタイヤをそのままステアケースにしていたもので、空気圧は大気圧と一緒の状態…タイヤの弾力だけが頼りのステアケースの状態でしたので、改めて4本に空気を入れます。

t02

我が家には、エアーコンプレッサーなどという高級品はありません。

車載工具と一緒に車に付属品として付いていた電動空気入れを使います。

空気圧をいくらにするか悩みましたが、もともと使っていたライトエース用の空気圧が2.2気圧ということで、少し高めの2.7気圧くらいで使ってみることにしました。

t03

そして、2本のタイヤを固定するボルトは、ホームセンターで1本140円也…!

もちろん、2つのホイールを固定するのに必要な長さを計測し、ポケットには太さの確認用にタイヤ固定用のボルトを入れて…確認の上での購入です!

t04

できれば、2段のステアケースをあと一つ欲しかったので、合計8本購入してまいりました。

実は、あと4本…古いスタッドレスタイヤがあるのですよ!

さて、結果は…みごとに固定完了!

t06

がっちりと完璧に固定されています。

これならば、上と下のタイヤがズレることはまずありません!

これはいいステアケースになりそうです!

t07

さて、次の段階は…斜面に階段状に土を削り、このタイヤをはめ込むことです!

sk16

いよいよこの動きが具体的になってきました!

楽しみ…です!
ギャラリー
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ