st221

さて、丸太をカスガイで打ち止め、満を持してRTLを走らせる。

ところが、フロントは浮かせて触らないからいいのだが、リアタイヤが乗り越える時…映像をみると明らかにカスガイが浮き上がっている。

あれだけ叩き込んで固定しているのにもかかわらず1回RTLが乗り越えただけで、カスガイが外れてしまうのだ。

もう一度、カスガイを打ち直しチャレンジ…!

st219

やっぱりですね!

何度も繰り返すと…もうカスガイは弾き飛ばされて…どこに飛んだのかさえ分らない物もでてくるしまつ…!

st220

最初は、それなりに積み重ねていた丸太の集団も…最後は丸太が地面に置かれている…そんな状態になり下がってしまった…情けないなぁ!

横から見ても、とてもステアケースには見えないですよねぇ!

st217

この後…カスガイを使ってのステアケースを作るのをあきらめ…雑木林のなかからステアケース代わりになりそうな太い木を伐りだしてきて、一つの丸太でステアケース代わりにしようか…なんてことをマジで考えていたのでした。

そんな時に、前回の記事にコメントをいただいた、セフロさん、Tなかさん、万年NAさん…の方々!

そんな大層な作業をしなくても、工夫すれば丸太を積み重ねてステアケースをつくれるよ…とのアドバイスをいただいたものでした。

一つずつ実験で確かめながら、ステアケース第2号…もう一度作ってみたいと思います。

ちょっと楽しみになってまいりましたよ!

st222