w06

前回…カワサキW800のためにバイク屋さんを訪れたとき、キレイにリストアされたTL125に出会いました。

このバイクが、かつてバイアルスとかイーハトーブとか呼ばれていたオートバイだということは、知っていたのですが、バイアルスとイーハトーブの違いなど全く知らなかったのでしたが…いや、違いなどなく装着部品の差…すなわち、イーハトーブの方が当然ツーリングトライアル向きの部品が付いているが基本的には同じバイク…そんなふうに思っていたのでした。

すなわち、一部装着部品さえ変えればバイアルスはイーハトーブに、イーハトーブはバイアルスに変えることが出来る…そんなふうに思っていたのでした。

今回、Tなかさんと万年さんのコメントで、私の考えが大きな間違いだ…ということを教えていただきました。

この2台…違うバイクだったのです!

TL1

TL125バイアルスが国産初のトライアル市販車として発売されたのが1973年、TL125Sイーハトーブが発売されたのが1977年となっています。

どいせんがトライアルなんて競技に興味を持ち、トライアルジャーナルなんて雑誌を読み始めたのが…我が家にある一番古い「トライアルジャーナル」は1992年9月号No.93号ですから、この時のどいせんにとってはTL125…といえば、バイアルスでもなくイーハトーブでもなく、この1983年に発売された、このTL125…だったのです!

TL3

その後、しばらくしてどいせんもトライアル車に乗ってみたくなり、TLM220Rというポップなカラーリングのバイクを手に入れることになるのです。

TLm

この頃、セロー225で林道や獣道を走るのが楽しくてしょうがなかったどいせんですが、トライアルをやると、林道走るの…早くなるよ~というガン野大先生の一言で、TLM220Rを乗り始めることになるのです。

このバイクは2本サスだから、ステアも軽く上がるようになるよ…と、バイク屋さんに褒めたもらったバイクでした。

ただし、どいせんが上がれるかどうかは…また別の問題でしたが…!

世界選手権に成田匠くんが出場し、タレスがチャンピオンを続け、全日本ではパスカル・クトゥリエが岩から岩へピョンピョンTYで跳んで見せ、バイクでこんなことが出来るんだぁ~と、すっかり驚いてしまったものでした。

この後、もしかしたらTYZに乗れば、どいせんでもバイクで跳べるかもしれない…なんてマジで思い、TYZSを購入するのですが…なかなかそう簡単には思うようにいかないのが、ま…人生の常…というのでしょうね!

TYZS

あ…すみません!話が随分横道にそれてしまいましたが、TLに話を戻します。

そうそう…結局現在どいせんが乗っているトライアルバイクもRTL250R…で、これもTLのお仲間と言えば言えなくもない…のかな?ま…2ストですけど…ね!

さて、Tなかさんによると、バイアルスとイーハトーブの違いの分かり安い見分け方は、ブレーキペダルだということでした。

これがバイアルスのブレーキペダルの取り付け位置!

バイアルス6
そして、こちらがイーハトーブ…!

イーハトーブ5

なるほど…納得ですね!

そして、万年さんからは相当詳しく教えていただきました。

点火方式が違う…なんて…もちろん全く知りませんでしたし、CDIを使っているなんて…段違いの進化ではありませんか!
万年さん
今回…知らないことを沢山教えていただきました。

今後、TL125を見る時…興味がまた一段と深くなったような気がいたします。

お付き合い、ありがとうございました!

Tr1