dr01

昨日から作業道の補修をやっていたのですが、作業道の崖側を固めるため、軽トラで端ギリギリを走り、土を踏み固める作業をしていたのです。

しかし、数日前の雨の影響もあり路肩が相当に緩んでいて…ま、だからこそスコップで簡単に土が掘れ、土嚢作りが楽に出来ていたのですが…軽トラの谷側のタイヤが予想以上に土に深く潜り込みます。

車体が大きく傾きます。

わっ、マズイ…!そう思ったとたん、タイヤは滑り始め、車は動かなくなってしまいました。

前にも後ろにも動けない…悪あがきでタイヤをまわすと、谷側により深く土がえぐれ沈み込んでいくのです。

dr02

dr03

さて、これって下手にイジルと、谷側に転がりそうな気がして…う~む、我が家の軽トラ持ってきて引っ張っても、上げられる気がしません…どうするかなぁ~?!

dr04

う~む、四駆は無敵…との安心感がこの状態を生んでしまったのですが、それにしても…大きなトラクターかユンボでも持ってこない限りどうにも対処できないな…ああでもないこうでもないと対処を考えていたのですが、結局…救助を依頼することに結論が落ち着きます。

一昨年、豪雨災害で大きな被害を受けた園地の修復に取り組んでくれた『ワールドファーマーズ』に依頼することにしたのでした。

電話すると、『今、他の依頼された仕事の現場に居るんだけど、しばらく待っていてくれれば、合間を見つけて、様子を見に行きましょう。状況が分からないと、作戦も経ちませんからね…行く前にもう一度電話をいれます…それでいいですか?』『もちろん…来るまで待ってるからよろしくね~!』

正午の時報がなった頃、社長自ら園地まで来てくれます。

現場を見て…さて、どうしようか…トラクターでも大丈夫かもしれないが、しくじると谷側に転げ落ちるのがいやだなぁ…ユンボ持ってくるか!

まずはお昼を食べた後、トラック持ってどいせんちに行くから、一緒に今作業している現場に行ってユンボ積み込んで、園地へ行きましょう。

現場まではトラック上がれないから、途中でユンボ下ろして…そこからは自走だな!

dr05

続きます!