どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

2019年11月

学習発表会

g03

小学校の学習発表会にご招待されましたので、行ってきました。

体育館に入ると、椅子が用意してあるのですが、最前列のあたりは、保護者の方がもうすでに独占状態で、撮影隊エリアもあちこちに確保してありました。

気合が入っておられます!

g04

オープニングは、夏の盆踊り大会でも披露した『吉田御陣屋遠見太鼓』…激しい太鼓のリズムでスタートです。

g05

内容は、学年に応じてそれぞれに特徴的なものを、劇や調査レポートの発表にして伝えようとしていたもので…分かり易く興味が持て、どいせん自身は、最後まで飽きずに見続けることができました。

1、2年生は合同で、噂を信じて仲間外れを作ってしまい、でも自分たちの目で見て考えて、噂が間違いだということに気付き、友達になっていく…『ともだちほしいな おおかみくん』という寸劇を披露…セリフを頑張って覚えたなぁ…と感心すると同時に、手作りの着ぐるみを作られたお母さん方の頑張りが、すごいなぁ…なんて感心したものでしたよ。

g10

5年生は、昨年の豪雨災害で困ったことや苦しんだことを調査し、どうやって対応していくかを考え発表する『いのちをつなぐために』でした。

g12

3年、4年生は、組体操を発表…題して『笑顔と元気を届け隊!』…普通これって、体育祭の演目となりそうですが…体育館の舞台での演技も、これはこれでなかなかのものでした。

g13

g14

もちろん、この手の発表会の定番の『合唱』や『合奏』もあるのです。

合唱は『未来が生まれる』という曲らしいのだが、初めて聞く曲…!

g07

そして合奏は『「カルメン」より 第一幕への前奏曲』…これはどいせんでも聞いたことのある曲でしたよ。

g08

そして、6年生は『私たちの平和学習』…広島長崎の原爆投下から始まり…戦争が生む悲劇へと迫っていく…さすがに最上級生の発表でした。

g16

g17

g18

戦争の影で、虐げられ苦しむ世界の子供たちの存在…どんな戦争も幸せには続いてはいかないことを改めて学習する。

g19

そして、バックに流れ続けるのがこの曲…!



いい時間を過ごさせてもらいました!

今はもうすっかり忘れてしまっておりますが、自分の小学生時代…一体どんな学校生活を送っていたのだろう…もっとぐうたらな少年だったような気がして、ちょっと気恥しい思いに包まれたものでした。

何となく…君たちのこれからを、おじさんはずっと見続けていたくなっていますよ!

g20

七五三の祝い!

h01

地区の子供たちの健やかな成長を願う『七五三』の神事が行われました。

対象は、地元の5歳の子供たち9人です!

地域の神社…大雷神社と八幡神社が毎年交代で神事を担当し…今年は八幡神社の担当でした。

この4月に小学校入学のピカピカの一年生たちに対して行った『勧学祭』をおこなったのもこの八幡神社でした。

h02

各地区の神社総代、自治会長たちと共に、七五三の対象の子供たちと保護者のみなさんの登場です。

h04

h05

神殿に入ると、向かって右側には神社総代達と自治会長達、真ん中に5歳の子供たち、左側に保護者達が座ります。

h06

h07

この後、宮司の祝詞がありまして、神様に子供達の健やかな成長をお願いし、各団体からの玉串奉奠が行われます。

神社総代代表、自治会長会会長、公民館長、行政推進協議会会長等々…もちろん、子供達も男女一名ずつ代表が玉串を奉納し…最後に保護者代表で終了となります。

宮司が神様にお願いしたことを子供たちに伝え、子供達と保護者に地域の願いを伝えます。

最後にみんなにお神酒をまわして、儀式は終了となります。

h08

その後、恒例(?)の記念撮影…!

h09

これで、七五三の神事は無事終了です!

子供達と保護者の方々は、神社からいただいたお土産を持ってお家に帰られます。

h11

h13

そして、オジサンたちは神社から、近くの公民館に集合するのです。

h12

h14

神社ごとの後は、必ず行われる…直会(なおらい)…20弱の折り詰めとお酒が用意してあります。

h16

さぁ、皆さんここに集合して、直会を開始するのですが…盛り上がりながらの宴席が続きます。

さて、次なる神社ごとは、12月…収穫を祝い感謝する『新嘗祭』…今度は大雷神社で行われます。

また、明日(もう今日になってしまいましたが…)16日は、小学校の『学習発表会』、来週の土曜日は2回目の『亥の子』、そしてその翌日がバイク屋さん主宰のツーリング…そしてこれはお仕事の話ですが25日(月)は、南柑20号の出荷説明会…蜜柑の収穫もいよいよ佳境に入るのですが…いそがしいということは、充実している…ということですよね!

そう信じてこのいそがしさ…乗り越えていきたいものですね!

石灰沈着性腱板炎

k01

あの七転八倒…夜も眠れない痛みが、石灰沈着性腱板炎が原因であると分かってからちょうど一週間が経ちました。

一週間…痛み止めと湿布で様子をみましょう…ということで、痛み止めで激痛を抑えての生活だったのですが、痛み止めを飲み続けてきたということは、この1週間の痛みのない生活が、痛み止めが痛みを抑えていたのか、それとも痛み止めなしでも大丈夫なのか…の判断がどいせんにはつかないまま…だったのです。

当然、痛み止めだけで肩に沈着している石灰質がなくなるわけがありません。

r01

痛みがなくなったら、もう薬は飲まなくてもいいですよ…とは、担当の先生の言!

え~?痛み止めが切れたら、あの激痛が復活…なんてのはいやですよ!痛み止め止めたら、また痛み出すかもしれないじゃないですか…とはどいせん!

ふむ、それもそうですね…でも、この病気は大体1週間から10日あれば、大抵の人は痛みはきえるのですが…まぁ、心配ならあと1週間分痛み止めを出しておきましょう…痛みが戻るようでしたら、痛み止めを頓服として服用してください…この痛み止め…腰痛にも効きますから、もし腰痛があるようでしたら、使ってもかまいませんよ…とは担当医!

大丈夫だとは思いますが、痛みが続くようでしたら、また病院に来てください。

そして、出されたのが上記の薬…!

現在、昼と夜の薬の服用を止めていますが、痛みは復活していません!

この調子で、痛み…消えてくれるとうれしいのですけど…ねぇ!

秋の子供行事…!②

u01

秋祭りに関して、子供たちの行事は、亥の子の他にも『牛鬼』があります。

顔は鬼、体は牛…という妖怪なんですが、宇和島市のお祭りには、どこでもみんな主役は牛鬼…と言ってもいいくらいです。

牛鬼の動画がYouTubeにあったので載せておきます。



私たちの時代には、子供たちがまわる牛鬼でも、きちんと竹で胴体を作り、中学1年生がリーダー(大将)となって、かついて一軒一軒をまわっていたものなのですが、最近は少子化の波をもろに受けて、牛鬼を担ぐだけの人数がいないらしく、頭だけを持って、各家庭を回っているようです。

もちろん、牛鬼は魔よけのおまじないですから、各家庭ではご祝儀を渡し、一年の無事を祈るわけです。

u02

昔はなぁ、きちんと胴体まで作って、担いでまわってたんだぞ~!何て言っても、おじさんたちの懐古趣味など…押し寄せてくる少子化の波には太刀打ちなどできようもありません。

u03

こうして彼らは、ご祝儀を集めに、魔よけの牛鬼の顔を担いで、地区を一日かけて回るのでございます。

でもね…、この地域に住んでいる大人たちは、かつて子供だった頃…やっぱり牛鬼を担いで各家庭をまわり、魔よけのお祓いをおこなってきたのでして…少子化でまわってくるのが牛鬼の頭だけとなっても、やっぱり…昔を思い出しながら、ちょっぴり懐かしく…どこかホッとして牛鬼をかつぐ少年たちを見送るのでした。

少年たち…お疲れさまでした! 

秋の子供行事…!①

DSCN0256

秋は収穫に関する祭りの季節ですが、我々の地域には秋祭りに関する子供行事が2つあります。

その一つが、小学生が中心になって行う『亥の子』と呼ばれる行事です。

石に綱を付け、子供たちが綱を引き、石で地面をたたきます。

i02

旧暦の10月の亥の日に行う行事ですが、現在は11月の第2、第4土曜日に行う(多分に学校の都合…)ようにしています。

亥の子唄を歌いながら、亥の子石で地面をたたくのですが、この亥の子唄…相当過激な歌詞もあります。

『♪ お亥の子 お亥の子 祝わん者は 鬼産め蛇産め 角の生えた子産め…』

i03

亥の子唄によりますと、大国主命と少彦名神の出会いを記念して亥の子を衝くのだ…と謳っています。

亥の子については、過去にこんな記事も書いています。


 
子供たちは、こうして地域の一軒一軒を亥の子を衝いて回り歩きます。

i04

地域の全家庭を亥の子を衝きながら、回り終えたら、子供たちと保護者達が公民館に集まり、夕食会が催されます。

i05

どいせんなども、自治会長…ということで、ご招待にあずかります。

食事の後は、子供たちは一緒に追いかけっこをしたり、ゲームをしたり…トランプやらウノやら…大いに盛り上がっていましたし、大人たちは大人たちで…これまた酒盛りが始まります!

※ すみません…続きます!
ギャラリー
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ