どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

2016年10月

現在、勉強中…!



イラガくん、完全に蛹になるための準備モードに突入です!

いろいろネットで調べたり、同僚の生物教師に聞いたりして、少しずつ分かってきたことがあります。

(その1) どいせんが今まで蛹の皮…と思っていた部分…取り外したカバーの部分…は、実は繭(まゆ)であったことが判明いたしました。

 あれは、イラガの繭だったのです。

 ネットによると、カルシウム分を含み、繭を作る日本の昆虫の中で相当に硬い部類に入る繭なのだそうです。

 繭は、中身を守るためにあるのですから、プラケースで十分に代用できることが分かりました。

(その2) 繭の中ではイラガは2つの形態をとります。一つ目は
前蛹』という状態で、今がその『前蛹』だと思われます。

 そして、春まではこの『前蛹』の状態で生きていき…ホントに生きていくんですねぇ~!…春になると、蛹になり、6月に羽化しるのだそうです!

 蛾が生まれるためには、これから6月まで待たねばならないのです!

(その3) 同僚の生物教師の言うことには、蛹になるためには、そのためのホルモンの分泌が必要になると思う。そのスイッチが温度なのではないか…と思うので、一度寒い温度を経験しないと次への過程に移行出来ないのではないかな。

 寒すぎてもダメだろうと思うけど、暖かい温度が続いてもダメだと思う。廊下の隅にでも置いておいて、春まで忘れている…くらいのほうがいいのかもしれない。

(その4) 蛹では中身はいったんぐちゃぐちゃになって、改めてそこから体を作る…っていうのだけど、ホントかなぁ~!

 もしそうなら…一度、蛹を開けて見てみたい…そんな誘惑にかられますよね!

 でも、開けてしまったらもう二度と蛾には成長しないから、そこでジエンドとなってしまうから、禁止事項ですよね!



これが現在の『前蛹』の状態です。

軽くつつくと、イヤイヤ…をするようにゆっくりとくねるように動きますが、すぐに眠り込んでしまい、動かなくなります。

とにかく、今後たちまちやらねばならないことは…放置プレー…だというのですから、手間がかからないというか、愛想なしというか…ふむ?! 

【閲覧注意】不思議な命…! < 信州さんへのご報告!



☆ 信州さんへのご報告です!

先月の28日、信州を旅立ち…30日に四国に着いた…あのイラガくんのその後のご報告です。

今月に入って、徐々に動きが緩慢になり…昨日あたりから全く動かなくなりました。

上の画像が、蛹の皮がわりのプラケースなのですが、蛹の皮と違うところはスケルトンで、中が観察できる…というところです。

信州さんとのやりとりのなかで、

 ① 蛹の皮は、温度と外からの攻撃を守るためにあるのだから、部屋の中でケースに入っていれば、皮は必要ないのではないか。

 ② 蛹になれば、水も食料も必要ないのではないか。

という2点があったのですが、もしそれが正しいとすれば、このイラガはこのままプラケースの中で放っておいても、時がたてば美しい蛾に変身する…ということであります。

ふむ…ホントかなぁ~?!

f76ecc0d.jpg


我が家の奥さんなどはこの様子を見て…動かないのですから死んでしまっているんじゃないですか?かわいそうに…きちんとお庭にお墓作って埋めてあげてくださいね…などと言う。

でも、違うのですよ!もう彼が…彼女かもしれないのですが…四国に来てから5日目になりますが、この状態で放っておくと動かないのですが、軽くつつくとふにゃふにゃと体をくねらせて動くのですよ。

どいせんが思うに…もう本人は自分がすっかり蛹の状態になっている…と思いこんでいるのではないでしょうか?

安らかに眠っているのに…なんでつついて起こすかなぁ~!

僕にはかまわないでほおっておいてよ…!

まるで、そう言っているみたいです。

3513685f.jpg


これで生きているなんて、ちょっと見には信じられませんが…軽くつつくだけで動き出すわけですから、確実に生きております。

さて、このイラガくん…果たして美しい蛾として飛び立つ日がくるのでしょうか?!

何だか気長い話になってきたなぁ~!

う~む!

稲刈りが終わりました!



本日は、稲刈りの予定だったようなのですが、あいにくの朝からの雨…!

しかし、今日やっておかないと、すぐ後には台風18号の大接近…!



台風が通るコースによっては、しばらく稲刈りは延期…なんてことになりかねない。

そこで、我が家が稲刈りを依頼している会社とのご相談…!

この会社…我が家から歩いて数分の場所にあり、稲刈りだけではなくて田植えはもちろん…その他もろもろ、依頼すれば引き受けてくれる頼りがいのある会社!

a6798909.jpg


とにかく台風の被害が出た後に稲刈りをするよりも、雨の中でも早めに刈り取ってしまっておく方がいいだろう…と判断が下されたようだ。

我が家の田圃がある一角…何軒かの田圃を一気にやってしまおう…という決定が出たのが、午後2時半頃であったようだ。

b3184b4d.jpg


どいせんが帰宅前に、職場から電話をかけたら…まだ我が家の田圃は順番待ちの状態だ…ということで、また少し雨が降り始めてきているから…もしかしたら、我が家の田圃は今日には出来ないかも…との話だ。

ま、どちらにしても天気次第なわけだから、悩んでみても仕方がないね…と返事をしておいて、帰宅の途についたのでした。

3d1780f5.jpg


どいせんが帰宅したときは、ちょうど我が家の田圃の稲刈りが始まった頃…!

おぉ、ちょうどいい時に帰って来たんだな…ラッキー!というわけで、しばらく稲刈りの様子の見学会…と洒落込むどいせんでございました。

1eae12e1.jpg


これがなかなか凄い奴で…見る見る間に稲刈りが進んでいく…!

運転手さんとは別に、お手伝いのお兄さんが居て…面白がっているどいせんを不思議そうに見ている。

これ…すごいですね! そうですか?すごいですか?! だって、どんどん稲刈りが進んでいく… そうですね!そういう機械ですからね! めちゃくちゃ感動しますね! え?そうですか…?

まぁ、こんな具合で…一日中稲刈りを見てるから…あまり珍しさは感じないのだろうけど…それにしてももう少し一緒に感激してくれるとうれしかったのだけど…ね!

あはは…!

これ…って、一台どれくらいするのです?あ、もちろん機械の値段ですが…!

一台800万円です。もう少し大きいのだと、一千万円を超えるのもありますけど…ね!

おぉ…800万円かぁ~!個人で持つのは大変だなぁ~!稲刈りって、年1回だけだもんなぁ~!なんて言ってる間にも、稲刈りは進んでいく。

af480b1e.jpg


eead355b.jpg


一旦、容器がいっぱいになり…奥さんがJAに運び込み乾燥機にかけます。

軽トラいっぱいになってJAに持って行っている間にも、作業は続けられます。

bab2e225.jpg


c5d09425.jpg


42a21b48.jpg


c09b8ffb.jpg


その後、何回か…グルグルグルと回転距離を少しずつ小さくしていき…あっという間に終了となってしまいました。

そして、もう一つ面白かったのは、稲刈り機の後ろから、藁を束ねてくくってまとめてくれる…ということでした。

ホントに…手間いらずでございます。

a703ea6d.jpg


689d7f2d.jpg


その結果が…こうなるわけでございます。



いやぁ~、面白うございました。

時間を忘れて見続けてしまいました。


こうして、何はともあれ我が家の稲刈りは終了したのでございます。

ワールド・ファーマーズのおにいさんがた、我が家の奥さん…お疲れ様でございました!

a278f2a0.jpg


さて、新米は…?!

雨で濡れていることもあって、新米がどいせんたちの食卓にのるのはもう少し後のことになる…とのことでございました!

なにはともあれ…楽しみなことでございます!

懐かしい方を…!

2473fe41.jpg



43aace7f.jpg


久々に青空が顔を出した日曜日…久々にBAJAで林道へ…と思っていたら、奥さんが朝から蔵の奥でなにやらごそごそ動いている…。

もうすぐ稲刈りなので、新米を入れる…これってなんて言うんだろ…米びつかな…?!…ま、稲刈り後の準備のために、これらのグッズを乾燥させるのだそうだ…。

午後には…お昼を食べたら…林道にBAJAで走りに行きたい…と考えていたどいせんは、2階でのんびりコーヒーを飲みながらまったりとした時間をすごしていたのですが…、蔵からグッズを庭に出し、虫干し(?)のために並べ終えた奥さんから声をかけられます。

午前中、お暇ですか…? まぁ、暇と言えば暇ですが…午後からは林道に行くつもりですよ!

それでは…T先生の個展が今日で最終日なんですけど…午前中お付き合い願いませんか?




この画廊は、喫茶店の2階にあり…1階の喫茶店のマスターをしている先生(元々は美術の先生だった方です)のお話をお聞きするのがどいせんも我が家の奥さんもとても楽しみにしているのでした。

I先生とお会いできるのなら、いいですよ…画廊のほうもお付き合いいたしましょう…ということで、午前中は個展と喫茶店…との夫婦でデートと決まったのでした。

c714faa3.jpg


出かけ際に、庭の出口にある柿の木の横を通る時…イラガって柿の木によく着いていると聞いているけど、我が家の柿の木には全然いませんねぇ~と不思議がるどいせんに、奥さんきっぱりと言い切ります…わたくしが消毒をしておりますからね…! ふむ、なるほど…!



日曜日で最終日…ということもあり、画廊にはひっきりなしにお客さんが来られていました。

こちらも先ずは絵を見せていただき…その後、喫茶店に下りて I 先生にご挨拶…しばしの間、楽しいお話を聞かせていただきます。

6075dba1.jpg




どいせんも一時期 I 先生に絵を教わっていた時があるのですが、お歳も…もう84か5になられているとは思うのですが…いつまでもお元気でご活躍されておられます。

I 先生のやさしい笑顔とともにお話を聞いていると、とても幸せな気分になってまいります。

496f4866.jpg


9f548920.jpg


さて、この時お店のあちこちに飾ってあったこの花…!



常連のお客さんからたくさんいただいた…と言われていましたが、名前を教えてもらったのですが、どうしても思い出せません…!

わっ、ヤバイなぁ~!痴呆が始まったのかも知れない…などと思いながら何とか初めの部分だけでも思い出しました。

『ネマク×××』…牛さんの餌になる草なのだそうです。

秋の黄色い花 牛の飼料 …で検索かけても、ネマク…で始まる名前はヒットしません。

外国の草のようですが…もしご存じの方おられましたら、どうか教えていただきとうございます。

80061b2a.jpg


画廊も含めて1時間ほどの滞在でしたが、楽しい時間を過ごすことができました。

お元気な I 先生の笑顔に出会えたことが何よりもの出来事でした。

帰りは、R56沿いのオムライス屋さんでお昼をいただきました。



4353154d.jpg


ところが…です!

朝の時点であんなに青かった空が…オムライスを食べている間に、一気に変わって雨模様…!

え?まさか…こんなに早く雨になってしまうなんて…!!

5a621ee1.jpg


これは…まずいでしょう!

午後の林道へのソロツーリングは…どうなってしまうのか?!

奥さんもまた、お庭に天日干しをしてきた、新米グッズ…がずぶ濡れになってしまいそう…というので、ちょっとマジで独り言…雨雲と競争ですわ!

雨雲を追い抜いて、我が家のエリアに雨が降る前に、帰宅して片付けてしまおう…と思っているみたいです。

雨はますます本格的に勢いを増してきます。

奥さん、気合いを入れての運転です…!

9430a814.jpg


いやぁ~!驚きました…!あと2キロほどで我が家というところまで近づくと、雨がたちまち小降りに変わります。

あと1キロ…というところで、雨が止みます。

奥さん思わず独り言…!追い抜きましたわ!

う~む!

我が家に着くやいなや…奥さんは新米グッズを再び蔵にしまい込みます。

おぉ…間に合いましたね!

片付け終わった奥さんはすぐに、コーヒーを沸かし、お茶にいたしましょう…庭を眺めながら二人でコーヒータイムです。

そんな時でした…雨が降り始めたのです。

あとはもう…この時間まで雨は降っているのですが…こんなことってあるんですねぇ!

ちょっと驚いてしまったものでした!

今週の中頃にはまた台風到来予定だとか…その前に稲刈りをしなくては…というので、明日が我が家の稲刈りの予定日だったのですが…さて、この雨の状態で稲刈り機が田圃に入ることが出来るのか…?!

どいせんとしては、直接関わっていないのでどうこう言う話ではないのですが…我が家の奥さん…心配のタネはまだまだ尽きないようでございます!


49315c0d.jpg



何を狙っているのか…な?!



本日の職場からの帰り…車のアンテナに何か緑のものがくっついています。

何だろう…風で草でも飛んできたかな…なんて近寄ってみると、おぉ…秋へ準備のカマキリくんではありませんか!

a457e70c.jpg


どいせんの車のアンテナに隠れ(?)…獲物が近づいてくるのを待っているのでしょうかね?!

獲物は…トンボかな?!


さて、本日のイラガくん…やっと蛹になって眠り続ける快楽を強引に止められて、お布団まではぎ取られてしまい、イマイチ動きが緩慢です。



同僚の生物教師に、イラガの飼育の方法を教えて欲しかったのですが…彼は一言、イラガは踏みつぶすのが正しい処置の方法です…という独自の見解を主張…!

一度、蛹になりそこねたイラガがもう一度葉っぱを食べて蛹になるためにはどうすればいいかを聞きたかったのですが…水をやる必要があるのか、それとも乾いた状態のほうがいいのか…等々、質問したかったのですが、彼の中にイラガを見て飼育…という選択肢はないようでした。

イラガは殺すもの…イラガにさされた激痛がトラウマになっているようです。

ネットで、イラガの飼育方法を調べたのですが、駆除の方法はたくさん出てくるのですが、イラガの飼育の方法は全く出てきません。

ま…そういう種類の生き物なのでしょうね!

ムカデとかスズメバチとかカミキリムシ…などの仲間に入るのでしょうね…見つけたら駆除する生き物たち…人に仇為す者達は駆除せねばなりません…というわけです。




このまま放っておけば、もう一度蛹を作ることができるのでしょうか?

気持ちはもうすっかり蛹…なのかもしれません。

とっても眠そう…! う~む!


ギャラリー
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
  • 学習発表会
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ