どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

2014年09月

海へ…!

f2e3a4f6.jpg


体育祭が終了し、2連休…ということでちょっと余裕の一日のどいせんです。

午前中、のんびりと過ごしていたどいせんでしたが、あまりにもいい天気に誘われて、午後からBAJAを持ち出して、チョイノリおやじ…に変身です。

今回のコースは宇和海…!

海から山へ…そして海へ戻ってきて終了です。

273eb26c.jpg


019724ba.jpg


面白いですね、同じ宇和海なのですが、走るごとに風景も海の色も空の色も違います。

走りながら感じるのは、もうあの夏の暑さはどこかに行ってしまっています。

夏の終わりの…というよりも、もう秋がそこまで来ている気配の中を、気持ちよく走るというほうが当たっている感じがします。

小さな半島を一つぐるっと周り、一度山の中に戻ります。

e8dd5c29.jpg


コンビニに立ち寄り、飲み物と食べ物をごっそり仕入れて、さぁ、再出発です。

bd962b0d.jpg


ここから一山越えて…こんなお寺の前を通ったのですが、ちょっとだけ記念写真。

中に入ってお参りはしておりませんが、記念に一枚写真撮影…!

休日には、このお寺の前でアイスクリンを売っています。

これが、なかなかおいしいのです。

f7b7957f.jpg


里村を抜け、再び山越えとなります。

これはもう…明らかに秋の風景です。

45796945.jpg


1059b952.jpg


続きます。

清流四万十川(たまちゃんとのツーリング!)

cd8e4a40.jpg


黒尊川に沿って、下ります。

黒尊林道とよばれるのは、黒尊神社まで…のようです。

ここから先は、県道381号線。

黒尊川は、最後は四万十川につながっています。

当然我々も、四万十川に出会い、その後は四万十川沿いに走る国道R441号線に沿って、四万十川を上流に向かいます。

我々が向かうのは、まずは四万十川沿いの江川崎…ここは昨年8月、日本最高気温である41℃を記録した地域です。

2e828c74.jpg


四万十川に来たら、必ず渡っておきたい橋があります。

それが、沈下橋…です。

江川崎への移動中、『岩間の沈下橋』の標識がありましたので、早速下りていくことにしたのでした。

7b2f9607.jpg


橋幅が3.5mほどの橋ですが、橋げたがありません。

ちょっとバランスを崩すと、そのまま川に落ちてしまいそうです。

雨などが降り、川の水が増水した時には、当然川の水位は橋の高さを越えてしまいます。

それを承知で…水面下に沈んでしまうことを最初から計算に入れて作られた橋が沈下橋…ですから、よけいなものは一切ありません。

cc878a3a.jpg


こうしておどけて見せてくれるたまちゃんですが、内心はちょっとおっかなびっくり…なのです。

身体はついつい橋の内側に傾きます!

a30ae04d.jpg


ツーリングの思い出に、携帯で写真を撮るたまちゃんです。

しかし…せっかくの沈下橋…撮るのだったら背景は沈下橋…でしょう!

もちろん、そちらも意識しています。

2台ならんで、なかよくツーショットです!

444dbc26.jpg


さて、沈下橋の魅力をたっぷりと見せてもらい、一休みしたら次の目的地へ出発です。

最後の清流…などと言われている四万十川…もう少し時間があれば、水遊びなどして楽しむところなのですが、今回は実はたまちゃんにちょっとした理由があって、あまり長居は出来ないのです。

四万十川に飛び込んだつもり…になって、後ろ髪引かれながらも次に向かいます。

8f3ebaa0.jpg


続きます。

黒尊神社にて…!(たまちゃんとのツーリング!)

7afabf36.jpg


黒尊神社の到着です。

前にも書きましたが、ここの神は大蛇です!

黒尊林道に鳥居があり、そこから急斜面に沿って石段が作られています。

本殿はこの石段の先にあります!

d6c69508.jpg


この石段を歩いて上がることを覚悟していたたまちゃん…どいせんからバイクで上がれる道がある…と聞いて一安心のご様子でした。

この階段から少し離れたところから、上へ上がれる舗装路が用意されています。

ae1ceb2c.jpg


先ほどの鳥居を抜けて急な石段を上がり切ると、ここにたどり着きます。

石段と周りの様子…そして、樹齢500年の大杉を一つずつ確認しながら階段を歩いて上がってきてもよかったのですが、相棒のバイクを林道に置いたまま登ってくる(まるでVTRのライダーですね)のもちょっと心残りだったので、バイクと一緒に上まで上がって来たのでした。

e758b379.jpg


上から見ると、階段はこんなふうに上がってきています。

1604fa17.jpg


大蛇にお祈りするたまちゃん。

信じる信じない…は別にしても、古くからのモノは大切にするたまちゃんなのです。

いい奴ですよねぇ~!

ccf9cc84.jpg


ちょっと、なれなれしかったりもするのですが…神社を守る狛犬にもきちんとご挨拶です!

a9ab9030.jpg


そしてこの狛犬、両犬ともに口の中に丸い石を咥えています。

でも、この石は取り出せません!

どうやって、入れたのでしょう…不思議です!

75c5050a.jpg


さて、一休みさせてもらい、コーヒータイムを楽しませてもらったら、出発です。

たまちゃん、次への準備に入ります!

e44531e9.jpg


そして、次の目的地は…清流の代名詞…四万十川に向かいます!

7e86651e.jpg


黒尊川で一休み…!(たまちゃんとのツーリング!)

1d5e79fc.jpg


どいせんと一緒だと、ついついこんな場所へも入り込んでしまいます。

たまちゃんにとっては、迷惑千万…というところなのでしょうが、そこはそれ…彼の人の好さそのものなのですが、一緒に付き合ってくれるのです。

挙句の果てが、無理やりポーズをとらされ…記念写真です!

eb898d34.jpg


黒尊川を渡り、川向うのキャンプ場へバイクを止めます。

ここでお昼ご飯にしよう…というのです。

ちょっと一息入れて、自然の空気の中にどっぷりと浸かってみようというわけです。

fdffc023.jpg


またも出現…の未舗装の部分ですが、ブツブツ言いながらも、結構入り込んでくるところがたまちゃんのいいところです。

こんな場所、いやですよ~!と、言いながらも、体はバイクを動かしているのです。

さすがニンジャ…こんな所にも入り込んできます。

d2a5a605.jpg


4c56056c.jpg


7684ffcc.jpg


ね、来てみるとなかなか雰囲気のある気持ちのいい場所でしょ!

お昼ご飯を頂きながら、ちょっとのんびりと息抜きをいたしましょう!

コーヒータイムとしても、いい頃ですよね!

15698a2e.jpg


川を流れる水の音を聞きながら、お昼をいただきます!

のんびりと時間が流れる…至福の時を味わいます。

食べ終わったら、ゆっくりとコーヒータイムです!

038af222.jpg


のんびりくつろぐどいせんを横に…たまちゃんはさっそく黒尊川の探索に動き始めます。

水量の多い水のきれいな川ですが…あまりいい表現ではありませんが、最後の清流と言われる四万十川に流れ込んでいる川です…水質は折り紙つきです!

ffa0ad7a.jpg


さて、一息入れて遊んだら、次の目的地へ向けて出発です!

cef724d1.jpg


そして、次はいよいよ黒尊神社です!

b12e5a1b.jpg


続きます!

鬼ヶ城を越えて…!(たまちゃんとのツーリング!)

0e3f0f3e.jpg


さて、赤だからドカ…と思うのは素人の浅はかさ…!

VTRというホンダのバイク…でした!

どういうコンセプトのバイクなのかは知りませんが、随分とすっきりとしたバイクです!


f2519e0d.jpg


同じオンロードでも…そういう分類が正しくないのかもしれませんが…このすっきり感というかシンプル感と言うか、よけいなものはみんな取り除いてしまえ…という意図が前面に押し出されているようなバイクは、どいせんとしては、結構…好感が持てます。

これなら、多少のオフロードならヘッチャラで走るのかも…ね!


ccd853cc.jpg


さて、本来ならこの木々の間から、眼下に宇和海と宇和島市内の街並みが箱庭のように広がるはずなのですが、この日は雲にさえぎられて下界が見えません。

たまちゃん、これは…たまちゃんの日頃の行いのせいかもしれませんね! え?よくわからない話ですね!

などという会話があったのですが、まぁ、雲にさえぎられて見えないものはしかたありません。

高知側に進みます。

ここからは、ずっと…四万十川に出会うまで、下ります。

e1ccf8cc.jpg


鬼ヶ城から高知側の黒尊林道を下りて行きますが、鬼ヶ城で休憩してやり過ごした雨雲に追いついてしまいました。

追い抜いたり抜かれたり…今日一日、そんなことを繰り返しそうな雰囲気です。

結構路面が滑りますが、たまちゃん…健気に頑張って走ります!

途中、一気に風景が開ける場所があります。

ここから、黒尊川と出合います。(まだまだ小さい流れで、とても川と言うには抵抗がありますが…すぐに細い支流がいっぱい集まってきて立派な川に成長します。)


ac45b1ba.jpg


ちいさな東屋が建てられていて、ちょっとした休憩所です。

ここからの風景ですが、こちらも大部分が雲の中…奥に見える高い山が譲が葉森(1015.6m)でしょうか?!

知らない知識を振りかざして…勝手な推測をしゃべっています。

たまちゃんは、もっと知らないので…感心しながら聞いています! ふふふ…!

56566b88.jpg


まだまだ、細い黒尊川ですが、こんな支流がいくつもいくつも流れ込み、大きな石があちこちに転がっている荒々しいごつごつした川となります。

a0121121.jpg


う~!眠い…本日はここまでです!


ギャラリー
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ