どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

2010年08月

夜のお仕事

昨日は、夜にお仕事が入り…リハビリのあと久し振りに「大介うどん」で夕食をとりました。

その後、職場に帰ってきて…再びお仕事モードに入ります。

146f1960.jpg


ここのところ、ずっと毎日リハビリに通っていて…その様子を撮影したかったのですが、まわりの様子は一生懸命リハビリにはげんでいる人たちを見ていると、撮影は失礼かな…と思って遠慮していたのですが、自分のリハビリの様子ならかまわないかな…と思い、担当の療法士さんに聞いてみました。

特別…拒否はされませんでしたので、許可と解釈し…デジカメを取り出し自分の様子を撮すことにいたしました。

最初…10分間は温浴です。

水温43℃で10分間、ジェットで泡が出ます!

5c3e1ddf.jpg


次に、筋肉を伸ばしたり縮めたり…約30分ほど療法士さんにリハビリをおこなってもらいます。

ずいぶん動くようになりました!

感謝…でございます!

0da7a4d2.jpg


そして、夕食は久々の「大介うどん」…4玉をいただきました。

右にあるのは、ちくわの磯辺揚げ…トッピングしてもいいのですが、私は別々にいただくのが好きです。

食事が終わったら、即…お仕事モードにもどります。

帰宅したのが、10時過ぎ…一息入れてコーヒーのんでお風呂に入って…と思っていたのですが、なんだかこの日はめちゃくちゃお疲れモードでありまして、そのまま何もせずにバタンキュー…!

朝まで前後不覚に眠り続けておりました。

6時前にバッチリ目が覚めて、即…朝風呂…!

さぁ、今日一日のスタートです!

さて、まずは手始めに…!

8b921a23.jpg


さて、おじさんたち…行きたかったステアを一通り楽しんだ様子を見ておられたS田院長は、どいせんを呼び…下の岩場から先ほどのステアのさらに左のさらに低いステアを上がるようにマーカーを置きなさい…と指示を出されます。

S田院長の指示に従って、どいせんが置いたルートが上の矢印のコースであります。

どいせんのイメージとしては、これはフローティングでステアを上がるという…いわゆるスナッチ軍曹が大好きな設定でありました。

みなさんもそのイメージで最初はとらえて走っていたようです。

813dbd65.jpg


2e820fa1.jpg


上の写真を見てもらえばそのことは一目瞭然であります。

アンパンマンもガン野大先生も…ステアの上にある丸太に左端にフロントを置いて超えようとしています。

明らかにフローティングターンでステア越えをしようと試みているのです。

しかし、下の岩場と路面状態で…なかなかフローティングのタイミングが合いません。

実際の走りは、こんな具合です。


さて、このおじさんたちの走るラインが、S太くんの走りを見てからは一変してしまいます。

ま…まず始めにそのS太くんの走るラインを見てもらいましょう。


ふふふ…!フローティングなどというまどろっこしい走りなどなしです。

最初から、丸太に直角にバイクを持っていき一気に乗り越えます。

なるほどなぁ~!

というわけで、おじさんたちの走りが一気に変わってしまいます。

でも、どいせんの趣味…としては、ジャムおじさんの走りが一番好きであります。

パワー全開の力業…もすごいのですが、フローティングがバチッと決まると…うまいなぁ~!と思ってしまうのですよ!

おじさんたちの練習風景…です。

あ、もちろん、S太くん後…ということです。


S田院長のご指示なのでしょうか?

S太くん、2度目の走りは、丸太左端にフロントを当てて、その上でリアを丸太に直角に持っていき乗り越えています。

この人が走ると…ホントにこんな簡単な場所…誰だって行ける…そう感じてしまうから…すごいですよねぇ!

でも、やっぱり私の好みとしましては、次の動画の最後のジャムおじさんの走り…ぜひ見て下さい。

惚れ惚れするような走りではありませんか!

うれしくなってまいります!


さて、これは手始め…!

いよいよ、この部分を一部に含めた…本格的なセクションが作られるのであります。

これは…なかなか見応えがございます!

…というところで、今回はここまでであります!

以後、次回に続きます。

クラッチこそ、アクセル…!

3c5c4678.jpg


S太くんが練習に加わってきて、アンパンマンの走りが変わってきます。

最初は上がることを目標にしていたアンパンマンが、いかにして上がるか…を意識し始めました。

S太くんが非常に分かりやすい走りのデモンストレーションを見せてくれます。

アクセルをパァ~ンと全開で開けておいて、ポンとクラッチをつなぐ…バイクは一気にロケットスタート、後はその急激なバイクのスピードに体を遅らさずに持っていくだけ…!

次の動画の、最初がクラッチを意識するアンパンマン…最後がクラッチ操作でステアを上がるアンパンマン…の動きであります。

やりますなぁ~!アンパンマン!

いい練習をしておりますなぁ~!


そして、改めて最後にS太くんの模範演技でございます。

軽く上がります…これだけを見れば、バイクで2mの壁を上がるのはそんなに難しくない…そう信じてしまいそうです!

コツはあるのです。体の動きも分かっているのです。でも…それは、行けるようになって初めて…あぁ、これがコツだったのか…と確認できる代物なのでしょう!

ま、コツなどというものは、概してそんな特性をもっているのでしょうね!


さて、次は新しいセクションにはいります。

フローティング気味のターンです!ふむ!

おじさんたちのチャレンジの始まりは…!

b1c5c01c.jpg


さて、2年間のブランクがあるとはいえ、このレベルではS太くん…ブランクなど関係ないかのごとくの走りを見せてくれます。

しかし、おじさんたちにとっては…そうはいきません。

2年間のブランクがあるS太くんが行くからといって、おじさんたちに行けるという保証はどこにもありません。

そこで、おじさんたちはこの横に広がる長いステアケースの一番低い部分からチャレンジをすることにしたのでした。

もちろん、岩が手前にあると…斜面が低くなる…といいう以上に、岩でバランスを崩してしまい、斜面を上がるどころの話ではなくなりますので、手前に岩のない…それも一番低いステアの場所を選びます。

あ…付け足しておきますが、低い…というのは比較の問題で、他の部分に比べて低い…というだけのことで、見上げるくらいの高さは十分にあるステアケースである…ということは、言うまでもありません。

e75b59de.jpg


そうなのです!低い…といっても、ステアの高さは少なくともスタンディングしたアンパンマンの頭の位置よりはさらに上にある…そんなレベルのステアケースなのでありました。

さて、いよいよアンパンマンがトライを開始する…というので、まんしゅうろうさんはみんなに声をかけ、お助けマンに集まってもらいます。

緊張のアンパンマンです。

しかし、アンパンマンは…最初からこのステアーを上がってしまいます。

このアンパンマンのステアーへのアクセルワーク…きちんと記憶しておいて下さい。

実は、ここに…アンパンマンのこれからの飛躍の鍵が隠されていたのでした。

それを教えてくれたのが、他ならぬS太実技講師…なのでありますが、この話はもう少し後に詳しくさせていただきます。

まずは、アンパンマンのチャレンジを見ていただきます。


ステアを上がることを確認したアンパンマンに、S田院長から指示が出されます。

ぐるっと回ってきたら、そのままステアに上がりなさい…と言うのです。

当然、今までよりも助走距離は短くなりますし、ステアが近寄ってきている状態で上がらねばなりません。

さて、アンパンマンは…どうするのでしょうか?!


S田院長から、アンパンマンにアドバイスが入ります。

ライン取りの事のようであります。ふむ…!


さて、ここでアンパンマンの練習にS太くんが加わってくれます。

実際に、アンパンマンがトライした後に、S太くんが行って…その違いを見てみようというのです。

何かを学べるということは、進化の原動力となることを意味しています。

その教材となる予定の動画…なのですが、アンパンマンは何を考えたのでしょうか?!


さて、これは…2ストと4ストの違いなのでしょうか?!

それとも、もっと他に意識せねばならない部分があるのでしょうか?!

本日の練習…アンパンマンの進化は、これからなのであります!

今夜は、このあたりでひとまず閉店でございます!

S太実技講師「とにかく行ってみることにしましょう…!」

98a16b4d.jpg


さて、このステアーケース、行けるか行けないかは別にして…誰かが行ってみなければ先に話が進みません。

行けたら…どうやって行けたのか?!

また、行けなかったら、なぜ行けなかったのか…?!

ああでもないこうでもない…と、考えながら自分の行き方を見当する材料にしていくのです。

そのためには、まず…誰かが行ってみなくてはいけません。

これくらいの高さの思いつきの悪いステア…となりますと、これはもう実技指導担当のS太実技講師以外にはないではありませんか!

S太くんがここを跳ぶということは、みんなの具体的な練習がいよいよスタートする…ということなのです!

お助けマンが3人、ステアの上に着きます。

さて、いよいよ模範練習開始…となります。



さて、これを見て…みなさん、なるほど…と思われたかどうかは知るよしもないですが、さて…ここからそれぞれの個人レベルの技術の成果を試すべく、ステアの練習が始まったのでありました。

それぞれの練習の開始風景は…また次回にでも!

ギャラリー
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • ご挨拶…!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
  • K378を走ります!
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ