966ccfec.jpg


総合科学博物館の展示物の中に、一風変わった電車がありました。

説明板によると『カラミ電車(SLAG TRAIN)』というのだそうです。

銅の精錬所の溶鉱炉から出てくる不純物(カラミ)をドロドロの液状のままで埋め立て地まで運ぶのに使われたのだそうです。

ちなみに、溶鉱炉も展示してありました。

GF型転炉…と呼ばれるものだそうです。

4b5f8afe.jpg


説明看板が置かれていました。

8ccb085e.jpg


精錬所があるということは、当然それを稼働させるための電気が必要…ということで、ここには火力発電所が造られていたようです。

4月に訪れた『あかがねミュージアム』もこの町にあるのです。

大きなタービンと発電機が展示してありました。

2e8bacea.jpg


575e3eeb.jpg


4117cdfa.jpg


もちろん、館内では科学技術関係の展示や体験コーナーが設けられています。

科学捜査コーナーでも、犯人捜しの体験だけではなく、それぞれの技術の説明も行われていたのです。

e0ed8bbe.jpg


さて、いよいよ各展示場に移動します。

この博物館は、1F~4Fまであって、それぞれのテーマに分かれた展示が行われています。

1回のエントランスホールの天井です。

6f491a34.jpg


地下の部分を見下ろすと、太陽系があります!



総合科学博物館見学記…もう少しだけ続きます。

4aea09b2.jpg