a30da6e4.jpg

 朝、8時半頃、職場から電話が入った。

 8月の頭の大阪出張で宿泊したホテルから、着払いで荷物が届いた。送り先がどいせん宛になっている。一応、立て替えて払ったが、どうするか?

 というものであった。

 そうなのだ。梅田の古本屋街を訪れたときに、買った本をそのまま梅田のホテルに置き忘れたまま、新潟への旅に出たのであった。

 勿論、すぐに受け取りに行くから、待っていて欲しい…との返事をするが、イマイチ(すぐに来るということについて)信用ができなかったらしく…

10時までに来なければ、お盆の間は職場は施錠をしてロックアウト状態にするから、受け取りはお盆の後…ということになる

と念を押されたわけで、すぐに職場へ急行とあいなったわけである。

 まぁ、あえて言えば、夏の旅の忘れ物… とでも言うべきものたちで、久しぶりの再会となったわけである。

 左の文庫本3冊は、時代劇だ。鳥羽亮は好きなのだが、まぁ、チャンバラは理屈抜きでいい気分転換になるから好きなのだ。

 その横の『野辺の花』…これは、最近の林道というかオフロード指向の影響を受けてつい買ってしまったものである。発行が昭和55年というから…う~ん、古い!その上、初版である。初版がすごいのではなくて、売れなくて2版が出ていない(?)というのが正解ではないのか?
 【春夏編】430円、【秋冬編】500円と定価が印刷してあるが、これが2冊合わせて、今回の値段は1000円であった。安くないじゃないか…という声もあるが、昭和55年と初版ということに免じて許そう…ではないか。

 その横のファインマン…、僕は仮面ライダーアギトを気に入っているのと同じくらい、ファインマンを気に入っている。一言で言えば、僕はファインマンのファンと言っていいのだ。

 そして、アインシュタインの部屋…これは、どうもプリンストン研究所の裏話集…と見た。

約10日振りの再会であった。ちょっと、うれしくなっている。