どいせんの『林道でコーヒータイム…!』

疲れたらバイクを降りてひと休み!そこがあなたの癒しの喫茶店…!

TKD氏との再会…!

t66

さて、『ペンション もみの木』に着いた一行…駐車場にバイクを止め、お店を訪問いたします。

t67

中は、可愛らしい雑貨や小物が並んでいて、入って左側が売店、右側がカントリー風の喫茶店になっています。

t69
これらの写真はネットからお借りしてきました!

さて、入るとすぐ入り口には、モンキーが置かれていました。

t68

このモンキー…登録をしてナンバープレートを取得したい…ということで、🏍屋さんに車体番号の刻印の場所を聞かれていましたが、場所が分かると…これで登録ができますよ…と、喜んでおられました。

t71

左側の売店ですが、シャレた置物やぬいぐるみ等、天狗莊の売店とはまた違った雰囲気のお店となっています。

t70

そして、ガラスのドアの向こう側…はカントリー風の喫茶店となっています。

t72

t73

カフェには、石の彫刻家藤部吉人氏の作品があちこちに置かれていたり、かわいい小物が置いてあったりと、シャレた雰囲気を醸し出していました。

t77

みなさん…ホットミルク派とホットコーヒー派に分かれて注文をしたのですが…どいせんはホットコーヒー…カウンターにどいせんがコーヒーを受取りに行ったとき、TKD氏が声をかけてきます…間違っていたら御免ね…もしかして、どいせん?…20年のブランクを越えて思い出してもらったのは、ちょっと嬉しゅうございました…はい、どいせんです…いやぁ~、懐かしいなぁ~!最初に言ってくれればよかったのに…どこかで見たことのある人だ…とは思っていたのですけどね…失礼しました~!

t76

昔の話、今の話…暖かい飲み物をいただきながら、いろんな話が飛び交う…楽しい時間を過ごさせてもらいました。

t78

楽しいひと時を過ごし…あっという間に時間は過ぎてしまいます。

再開をお約束して…一行は再びバイクに戻ります。

t79

もう少し続きます。

霧の尾根道を走ります!(天狗高原~大野ヶ原)

t53

さて、休憩も終わり…再び濃霧の中に出発です!

次の目標は、尾根道を走りぬけ、大野ヶ原『ペンション もみの木』です!

t54

『ペンション もみの木』のオーナーTKDさんは、もう20年ほど昔…どいせんたちと一緒にエンデューロなどにも参加して、大野ヶ原の牧草地にエンデューロコースを作り、大会を企画されたりもしておられたのでした。

これは、バイク屋さんのチームで高知宿毛で行われたエンデューロの参加した時の記念写真です。

t55

この時は、我が家の息子たちも幼稚園生で、お父ちゃんの応援に来て一緒に写っていたものでした。

また、大野ヶ原の獣道にトライアル車で出かけ…一台がパンクして、ペンションもみの木に緊急避難して、パンク修理をさせてもらったこともありました。

外に置かれていたバケツの水がカチンカチンに凍り付いており、大野ヶ原は寒いのだ…と改めて実感したものでした。

t56

あれからもう20年の月日が経過しています。

どいせんはTKDさんに会いに行く…という意識がありますから、20年の月日の経過はあっても顔の認識は出来るのですが、さて…TKDさん、どいせんを思い出していただけるでしょうか?!

どいせんでも、町で突然TKDさんに出会っても、きっとそのまま素通りしてしまうでしょうねぇ!

ま…どちらにしろ、20年ぶりにお会いできるのは、相当楽しみな話ではあるわけです。

t57

地芳峠の分岐点です。

K383とR440が交差をしているのですが、我々はK383の尾根道へと進みます。

天狗高原からここへ下りてきたのですが、そのまま反対側に進んでいきます。

t59

不思議なことに…峠だけは濃霧が消えた状態となるのです。

一時小休止…みんな、水滴で曇ってしまったヘルメットのシールドの内側から水滴をふき取るのでした。

t60

さて、ここから少しずつ標高を下げて、大野ヶ原に向かいます。

霧は相変わらずで、雄大な四国カルストの風景が広がるはずのルートは、残念ながら見えません。

t61

峠を過ぎ、カーブを繰り返しながら下っていくと、やがて牧草地が広がります。

大野ヶ原…です!

そんな中…牧草地の一つで作業をしているトラクターを発見…運転手さんをみると…どうも🏍屋さんのお知り合いのようでした。

t62

🏍屋さんがお話をされている間、我々もしばしの休憩時間となります!

t63

ここまで来れば、『ペンション もみの木』はすぐそこ…です!

ほら、20年前に…あのトライアル車のパンクを修理した…あの場所でございます!

t64

t65
続きます!

休憩、天狗高原

t40

さて、到着した四国カルスト天狗高原は、一面濃い霧の中です。

さすがにこの霧では、日曜日といえお客さんもほとんどいないようで、駐車場には我々の7台のオートバイの姿しかみえません。

t41

気温は相当低く…もちろん太陽の光もありませんので体感気温はさらに低く感じてしまうのですが…バイクを駐車場に止めると、みんな足ばやに建物の中に入ります。

t42

お客さんはさすがに少ないですが、天狗莊は営業中…よかったぁ~!

ホット一息でございます!

t44

ちなみに、玄関の横には温度計が掛けてありまして、温度表示は5.1℃…!

t43

砥部での休憩時の気温が18℃でしたから、その気温差…約13℃…ま、寒く感じるわけですよねぇ!

t45

玄関横に貼りだされているポスター…トゥクトゥクの紹介がありました。

タイの紹介でよく出てくるタクシーですが、まさかこんな所を観光案内で走っているとはしりませんでした。

一度乗ってみたい気もいたします!

さて、この天狗莊…宿泊施設を持っていて、当然食堂も営業しています。

おじさんたちもそれぞれ暖かい食事を注文…丼物、カレーライス、ラーメン…まぁ、それぞれでございますが、どいせんが注文したのが「かつ丼+味噌汁+お漬物」セットでございました。

t46

そして、どいせんと同じテーブルの方々…親子丼にラーメンにカレーライス…同じメニューを誰も注文しない…そんなところにオジサンたちの性格が表れているのかも…?!

t47

この天狗莊…宿泊施設を持っているのですから、当然お土産物屋さんもあるわけで…

さすが高知県…ポテチの袋にまで坂本龍馬が描かれています。

t48

これだけ標高が高いと、晴れていれば星が美しく見えるのでしょう…クランチチョコの箱も星形になっています。

t49

高原の愛嬌者としてアナグマを売り出し中(?)なのかな…アナグマ関係の本やキーホルダーなどが売られていました。

アナグマの交通事故が増えている…という情報も…!

t50

さぁ、一息ついたら…オジサンたちは再び濃霧の中に出ていきます。

t51

ツーリングは前半が終わったばかり…まだまだこれから後半のドラマが続きます。

ここから、四国カルストを尾根伝いに走ります。

五段高原から姫鶴平、地芳峠を通り大野ヶ原まで行くのですが…普段は絶景の眺めを楽しみながら走るルートも、この霧では一切見えないのですが、それでも走ることに意味がある…オジサンたちはそう思うのですよ!

t52
続きます!
ギャラリー
  • TKD氏との再会…!
  • TKD氏との再会…!
  • TKD氏との再会…!
  • TKD氏との再会…!
  • TKD氏との再会…!
  • TKD氏との再会…!
  • TKD氏との再会…!
  • TKD氏との再会…!
  • TKD氏との再会…!
読者登録
LINE読者登録QRコード
☆ メッセージ ☆ (非公開)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ